素人が新聞記事書いてみた

新聞記事のつもりでブログを書いています。

社説

新型コロナワクチン(mRNAワクチン) わかりやすく解説してみた

令和3年2月17日より国内で、新型コロナワクチンの接種が始まった。 接種は2回する必要がある。1回目の接種から3週間後に2回目を受ける。 このワクチンは、米国・ファイザーとドイツ・ビオンテックが共同開発したもので、日本における販売名は「コミナティ筋…

ウイグル人に対するジェノサイド、森氏を批判した人はこちらも批判すべきだ

中華人民共和国政府は、ウイグル人などのイスラム教徒系少数民族に対し大量虐殺(ジェノサイド)を行っている。 令和3年1月19日、トランプ米政権が認定した。この流れはバイデン政権でも続く。 しかし、現時点では日本の外務省はこれを認めていない。 新疆ウ…

森氏は批判、フジデモ・関西生コンはタブー、公平な報道か?

令和3年2月12日、東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長が辞任した。 女性蔑視(べっし)発言をしたとして、マスコミが大々的に報道。多くの人がこれに同調。森氏は辞任に追い込まれた。 森氏を批判していた人は、発言全文を確認してから批判…

朝日新聞は森友批判の前に、東京本社土地「格安入手疑惑」説明を

朝日新聞は令和3年2月9日の朝刊二面に、『森友疑惑 眠ったまま』とする記事を掲載した。 4年前の今日、朝日新聞が森友学園問題を報道し、他の左派マスコミや野党も騒ぎ始めた。 森友学園問題の概要は以下のとおり。 平成28年6月、財務省近畿財務局は…

森氏「女性差別」報道、マスコミの揚げ足取りだ

東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長が「女性差別(蔑視)発言をした」として、マスコミが騒いでいる。 森氏は記者会見を開き謝罪し、発言を撤回した。会長職の辞任は否定した。 全国紙では産経新聞を除く読売新聞・朝日新聞・毎日…

新型コロナの世界的大流行、最大の責任は支那にある

令和3年2月2日、日本政府は新型コロナウイルス感染症に伴う「緊急事態宣言」を10都府県(栃木県以外)で3月7日まで延長した。 同緊急事態宣言は1月8日、東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県の4都県を対象に発出された。14日には、大阪府、京都府、兵庫県、愛知…

外国人技能実習制度、未来に遺恨を残す制度

外国人技能実習制度。 同制度を厚生労働省は以下のように説明している。 外国人技能実習制度は、我が国が先進国としての役割を果たしつつ国際社会との調和ある発展を図っていくため、技能、技術又は知識の開発途上国等への移転を図り、開発途上国等の経済発…

共産党、お金を集めるのに優れた仕組み

共産党とは、共産主義を提唱する政党のことである。必ずしも、党名に「共産党」と付くとは限らない。 共産主義とは、財産を共同所有することで、平等な社会をめざすという思想である。 日本語訳の「共産」は「公共が産業を行う」ことから作られた言葉。 共産…

有色人種の民族性、白人国家が侵略した際の行動から分析してみた

人間は危機に陥ったとき、本来の姿(本質)を見せるものである。 これは民族という単位でも、同様と言える。 16世紀頃から、白人国家による有色人種の居住地への侵略が激化していく。20世紀初頭になると、地球上のほとんどの地域が白人国家の勢力圏とな…

世界史、白人による侵略の歴史と言える

高校の科目に『世界史』というものがある。 同科目ではオリエント文明やギリシャ文明、インド文明などを学ぶが、これらは世界史と言えるのだろうか? 筆者には地域史に思える。中東史とか西洋史などという感じだ。 『世界史』と言えるのはいつから? 様々な…

他人を批判しても、自分が認められる訳ではない

他人から認められるには実績が必要である。 仕事なら、成果を出してこそ認められる。 尊敬される人は、普段から尊敬されるような行動をしている。 これは当然のことであるのだが... 「他人を批判することにより、自分が認められる(支持される)」と勘違いを…

読売「千人計画に44人の日本人研究者が関与」← 日本学術会議は批判しないの?

読売新聞は元日、中国の人材招致プロジェクト「千人計画」に、少なくとも44人の日本人研究者が関与していたことがわかったと報道した。 人民解放軍に近い「国防7校」に所属していた研究者も8人おり、うち5人は日本学術会議の元会員や元連携会員だったと…

教科書から「従軍慰安婦」の記述を削除せよ!

教科書に「従軍慰安婦」の記述が復活する。 令和3年度より使用される山川出版社の中学校歴史教科書には「いわゆる従軍慰安婦」と記述されている。 慰安婦とは、主に戦地で将兵の相手をした売春婦のことである。主に第二次世界大戦頃の売春婦に対して使用され…

グレートフィルター、地球外生命体はいない方がいい

令和2年12月6日、日本の小惑星探査機「はやぶさ2」から分離されたカブセルがオーストラリア南部の砂漠で回収された。 カプセルには、地球近傍小惑星「リュウグウ」の試料(土砂や石など)が入っているとみられる。 この試料を分析することにより、太陽系の成…

大陸利権の正体

大陸利権... 支那大陸と関わることにより得られる権利や、それに伴う利益を指す言葉である。 大陸利権は大東亜戦争以前にもあった。 大陸利権の代表例は、支那に進出し商売をするというものである。 帝国データバンクによると、2020年時点で、支那に進出して…

新型コロナウイルスとは、予防するには

令和2年11月18日、国内で、新型コロナウイルス感染症の新規陽性者が2,179人確認された。新規死亡者は9人。 1日あたりの新規陽性者数が2,000人を超えたのは初めて。今後、更に感染が拡大する可能性が高い。 不安を感じる人も多いだろう。人間は得体の知れない…

ラストベルト、米国政治に影響力のある地域、日本の安全保障にも

ラストベルト(英語: Rust Belt、錆びた地帯) 米国の中西部にある五大湖周辺に位置する、鉄鋼や石炭、自動車など旧来の産業の衰退が進む地帯を指す呼称である。 ミシガン州・ウィスコンシン州・ペンシルベニア州などが含まれる。 ラストベルト(赤色)、出…

学術会議の会員任命拒否が、なぜ「学問の自由」に反するのだ?

令和2年10日1日、しんぶん赤旗は「日本学術会議が推薦した会員候補のうち数人を菅義偉首相が任命しなかった」と報道した。 「学問の自由に介入する首相の姿勢が問われる」などとして、批判を始めた。 同日中に、日本学術会議が推薦した会員候補は105…

日本学術会議の歴史をみれば、どういう組織かわかる

日本学術会議 内閣府の特別の機関である。 科学の向上発達を図り、行政・産業・国民生活に科学を反映浸透させることを目的としている。 内閣総理大臣が所轄し、経費は国の予算で負担されるが、活動は政府から独立。 令和2年度の予算は約10億5000万円…

学術会議の会員候補、前回も名簿提出者全員は任命されず、批判しているメンバーが怪しい

日本学術会議が新会員候補105人の推薦名簿を提出した結果、6人が菅義偉(すが よしひで)総理により任命拒否された。 令和2年10月1日、加藤勝信(かとう かつのぶ)官房長官が明らかにした。 これを問題視し、しんぶん赤旗(日本共産党)や朝日新聞…

トランプ氏がコロナ陽性、米大統領選挙に大打撃...とは思えない

トランプ米大統領は2日、「メラニア夫人と私は新型コロナウイルス検査で陽性だった」と Twitterで明らかにした。 「直ちに隔離と回復プロセスに入る。一緒に乗り越えよう!」と続けた。 Tonight, @FLOTUS and I tested positive for COVID-19. We will begi…

安倍総理辞任の会見、質問した記者たちの人間性を疑う

令和2年8月28日、安倍晋三内閣総理大臣は官邸で記者会見を行い、辞任する意向を表明した。 持病の潰瘍性大腸炎(かいようせいだいちょうえん)が悪化したのが理由だ。 潰瘍性大腸炎とは、大腸の粘膜(最も内側の層)に、潰瘍やびらん(表皮が欠損した状…

「戦前の日本は悪い」と言う前に、まず事実を知るべし

今日、75回目の「終戦の日」を迎えた。 昭和20年(1945年)8月15日、玉音放送により、日本の降伏が国民に公表された。 今年の終戦の日は少し趣が異なる。武漢発の新型コロナウイルス感染症の影響だ。 政府主催の「全国戦没者追悼式」参列者は、例年の…

「原爆の日」に騒ぐ護憲団体等は、本当に平和を願っているのか?

令和2年8月6日、広島市への原子爆弾投下から75年が経った。 広島平和記念公園では毎年、広島市原爆死没者慰霊式並びに平和祈念式(通称:広島平和記念式典)が行われている。 今年の平和記念式典は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、規模を縮…

ポンペオ米国務長官の声明、米支対立激化の可能性大

米国と支那の覇権国争い。 今後、世界の政治を考えるとき、これが最重要重要事項である。いや、日本国内の政治にも大きな影響を与えるだろう。 米支対立は今後どうなっていくのか? 米国のマイク・ポンペオ国務長官が衝撃的な声明を発表した。 なお、米国の…

ロシア改憲で北方領土返還が困難...という訳ではない

令和2年(2020年)7月1日、 ロシア連邦(ロシア)で憲法改正の是非を問う国民投票が行われた。 翌2日、同国の中央選挙管理委員会は結果を発表。 賛成が約78%で改憲に必要な過半数を上回り、改憲は成立した。 ロシアのウラジーミル・プーチン大統領 この改憲…

朝日新聞阪神支局襲撃事件、保守でも評価が割れる理由、分析してみた

朝日新聞阪神支局襲撃事件。 昭和62年(1987年)5月3日、同支局に目出し帽を被った全身黒装束の男が押し入り、散弾銃を発砲。記者1名(当時29歳)が殺害され、同僚の記者1人も重傷を負った。 5月6日、時事通信社と共同通信社に「赤報隊一同」の名で犯行声明…

共同通信の「声明参加拒否」報道、検証してみた

共同通信は7日、 「日本、中国批判声明に参加拒否 香港安全法巡り、欧米は失望も」と題する記事を配信した。 この報道を受け、保守派を中心とする多くの国民に失望感が広がった。 支那の全国人民代表大会(全人代)は5月28日、反体制的言動を禁ずる「国…

熱中症に注意して、クーラーをつけるのをケチらないで

令和2年も5月下旬になり、暑い日が増えてきた。 小泉進次郎環境大臣は26日の記者会見で、「気温や湿度が高い中でのマスク着用が、結果として、熱中症のリスクを高めては元も子もない」と述べた。 屋外で人と十分な距離が取れる場合には、適宜、マスクを…

安倍総理が異常に叩かれる理由は、改憲をしようとしているから

「『桜を見る会』を追及する法律家の会」の弁護士ら662人は21日、安倍総理と後援会幹部の計3人を、東京地検に刑事告発した。 告発状によると、前日の夕食会で、会費ではまかなえなかった分を総理側が負担した「公選法違反」と、これらを政治資金収支報…