素人が新聞記事書いてみた

新聞記事を書いているつもりでブログを書いています。

【広告】

平成30年7月豪雨は平成最悪の水害、社会インフラの強化を

平成30年7月豪雨は、西日本を中心に各地に甚大な被害をもたらした。

総務省消防庁によると、主な被害状況は以下のとおりだ。

 

人的・建物被害(7月10日 5時45分現在)

・死亡者122名

・行方不明者27名

・住宅被害10,215棟

 

避難指示等の状況(7月9日 18時現在)

・非難指示(緊急)725,047名

・非難勧告220,328名

 

被害が大きな地域は、福岡県、広島県京都府岡山県兵庫県愛媛県など。

平成で最悪の水害となった。

 

平成30年台風第7号及び前線等による被害状況及び消防機関等の対応状況(第12報 H30.7.9更新):総務省消防庁

 

災害時には、まず身を守る事が最優先される。

当然だ。

死んでしまったら、元も子もない。

 

今回の災害での人的被害の多くは、洪水と土砂によるものだ。

これらは本格的に公共事業をおこなえば、被害を減らすことが可能だ。

まず、河川が氾濫しないための対策は必須だ。

土砂災害が発生しそうな場所も対策が必要だ。

下水道の処理能力も高めた方がいい地域も多いだろう。

できれば、危険地域に住んでいる方々に、別の場所に引っ越してもらうことも考えた方がいい。

もちろん、それなりの金は必要になる。

 

www.youtube.com

震災後で問題となるのは、今までどおりの生活ができなくなることだ。

特に道路や鉄道などの交通インフラが被害を受けると、物流網が遮断され、コンビニやスーパーなどに商品が入ってこなくなる。

ガソリンなどもだ。

震災が発生した後、長い列に並び商品を買うのは、精神的にも良くない。

 

今回の豪雨でも、交通インフラが大きな被害を受けた。

道路や鉄道は輸送量ギリギリしかないようでは、非常事態が発生した時、生活や企業の経済活動は大きな打撃をうける。

少しくらい余裕をもって作っておいた方がいい。

交通量が少ない道路があっても、それはそれでいいのだ。

 

 

政府は社会インフラに対して、もっと金を使うべきだ。

安全に対するコストをケチってはいけない。

公共事業で使った金の大部分は、いずれ政府にかえってくる。

 

「公共事業、特に高速道路をつくれば、国民は損をする」

これはバブル以降、一部のマスコミがおこなったプロパガンダだ。