素人が新聞記事書いてみた

新聞記事を書いているつもりでブログを書いています。

【広告】

平成30年7月豪雨に係る自衛隊の災害派遣、必要な公共事業とは?

防衛省は「平成30年7月豪雨に係る自衛隊災害派遣」についての情報を公開した。

(マスコミは「西日本豪雨」と言っているが、政府は「平成30年7月豪雨」と命名)

 

活動規模と活動実績(7月15日 13時00分現在)

 

活動規模

・人員:約33,000

・艦艇:25

・航空機:38機

・LO:最大74箇所に約300名を派遣

 ※LO(Liaison Officer)…連絡幹部

 

活動実績

・人命救助、孤立者救助:2,275名

・給水支援:8,298.9トン

・入浴支援:27,365名

・給食支援:約3,890食

・物資輸送:

  水:約71,800

  食料:約66,991

  燃料:約125.5キロリットル

・水防活動(土のう):約5,200袋

・道路啓開:約27キロメートル

 

www.mod.go.jp

 

自衛隊だけでなく、警察や消防、海上保安庁も、人命第一の方針の下に活動している。

本当に頭が下がる。

 

www.youtube.com

 

自衛隊や警察、消防などの活動は公共事業だ。

公共事業とは、政府や地方公共団体が財・サービスを提供する事業のことだ。

 

皆さんは公共事業についてどんなイメージがあるだろうか?

どのようなものを「無駄な公共事業」と考えているだろうか?

 

www.youtube.com

 

ここから先は、私の主観だ。

間違っているかもしれない。

 

国益になる公共事業は必要で、国益にならない公共事業は不要と考える。

国益と言えば難しい表現になるが、要するに、日本人が特をするか損をするかだ。

 

自衛隊や警察、海上保安庁、消防などは必要と考える。

国民の安全を考えるなら、今より予算を増額すべきだ。

道路も必要と考える。

今回の災害では物資は供給できる状態だったが、現地まで輸送するのが難しい状態になっている。これは東日本大震災など他の災害時でも同じだ。道路は少し余っているくらいが丁度いい。

水害や土砂災害防止のための工事も必要だ。

国民の生命や財産を守るための予算はケチってはいけない。

しかも、これらの公共事業は、ほぼすべて内需だ。

使った金はいずれ政府に戻ってくる。

 

外国人技能実習制度は無駄だと考える。

これは外国人を日本で雇用するための制度だ。

雇用側が過酷な労働をさせたり、実習生が失踪しまったりと問題がでている。

外国人留学生に対する返金不要の奨学金制度も無駄と考える。

外国人より日本の学生に資金援助をすべきだ。

 

必要な公共事業とは?

日本人が特をするか損をするかで判断すると、今までと結論も変わってくる。