素人が新聞記事書いてみた

新聞記事を書いているつもりでブログを書いています。

【広告】

乳幼児に「ヘルパンギーナ」流行、症状は発熱や口腔粘膜の水疱性発疹

静岡県は20日、乳幼児に多い夏風邪の一種「ヘルパンギーナ」が静岡県内で流行し、警報レベルに達したと発表した。

感染症発生動向調査によると、2018年7月9日~15日の定点当たりの患者数が、静岡県全体で、7.47人となり、「警戒レベル(基準値6)」を超えた。

ヘルパンギーナは毎年5月ごろから患者が増え始め、7月頃にピークとなり、8月頃には減り始める。

 

ヘルパンギーナとは、エンテロウイルスによる急性ウイルス性咽頭炎で、主に5歳以下の乳幼児が感染する。

ヘルパンギーナに対する特効薬はない。

 

静岡県/「ヘルパンギーナ」が流行しています!(警戒レベル)

 

ヘルパンギーナの症状

・潜伏期間は3~6日間

・38℃以上の高熱(1~3日ほど続く)

咽頭痛、口腔粘膜の発疹

・飲食を受け付けず「脱水」になることも

・高熱から、「熱性けいれん」を起こすことも

 

かかってしまった時の対処法

・オレンジジュースなどのような刺激のあるものは避る

・麦茶や牛乳、冷めたスープなどの少し冷たい飲みものがおすすめ

・ゼリーやプリン、冷めたおじや、豆腐などの刺激が少なく噛まずに飲み込める食べ物がおすすめ

 

受診は何科?

・子供なら小児科

・成人なら内科か耳鼻科

・診察に行く前、電話かネットで確認した方がいい

 

感染を拡大させないための対策

咳やくしゃみをする時は口と鼻をティッシュ等でおおう

・マスクをする

・手洗い、消毒

タオルの共用を避ける

乳児の場合おむつ交換に注意

 

 

【閲覧注意】以下、ヘルパンギーナを発症した時の写真が載っているサイトを紹介

 

ヘルパンギーナ|目で見てわかる子どもの病気|子どものホームケアの基礎

 

清澤眼科医院通信:7931:ウイルス性の感染症「ヘルパンギーナ」本格的流行始まる

 

ヘルパンギーナと感染と症状,夏風邪の1つ

 

ヘルパンギーナって?(長男復活!!!) | 立川デンタルクリニックすずきのブログ

 

 

【広告】