素人が新聞記事書いてみた

新聞記事を書いているつもりでブログを書いています。

【広告】

河野外相が北朝鮮の李外相と意見交換、拉致被害者帰国には条件が必要

河野太郎外相は3日、シンガポールで開かれているASEAN東南アジア諸国連合)関連外相会議の夕食会の会場で、北朝鮮李容浩(リ ヨンホ)外相と短時間接触し意見交換した。

河野外相は記者団に、「日本側から、こちらの考え方、基本的立場を申し上げ、それについて様々なやりとりをした」と語った。

具体的なやりとりについては言及を避けたが、日朝平壌宣言に基づき、拉致、核、ミサイルの諸懸案を包括的に解決し、国交正常化を目指す」と伝えたとみられる。

 

f:id:newspaper-ama:20180804081717j:plain

河野太郎外務大臣、出典:首相官邸ホームページ

 

一部のマスコミの報道では、河野外務大臣北朝鮮の李外務大臣に「日朝首脳会談を開く用意がある」と伝えたという報道がある。

 

 東南アジア諸国連合ASEAN)関連外相会合に出席するためシンガポールを訪問中の河野太郎外相は3日夜、北朝鮮の李容浩(リヨンホ)外相と短時間、言葉を交わした。外務省関係者によると、河野氏日朝首脳会談を開く用意があると伝えたという。

引用:朝日新聞デジタル

 

もし本当なら、外交政策としては良くない。

日本から焦って首脳会談をもちかけては、足元をみられてしまう。

 

拉致被害者と取り返すには、タイミングが重要だ。

北朝鮮が飢えて首が回らない時が最高だ。

そのためにも、できるだけ強力な経済制裁が必要だ。

 

更に、強気の外交姿勢も必要だ。 

平成14年(2002年)9月17日、1回目の日朝首脳会談が行われた。これは以前より強気の外交姿勢に日本が変わったため、行うことができたと言える。

平成13年(2001年)9月11日、米国で同時多発テロ事件が発生した。日本は同盟国として、海上自衛隊イージス艦をインド洋に派遣した。

同年12月22日には、「九州南西海域工作船事件」が発生した。工作船海上保安庁の巡視船と交戦の末爆発、沈没した。

 

www.youtube.com

 

当時の小泉純一郎首相は、拉致被害者5人の帰国を実現させた。

平壌に小泉らが乗り込んでいき控え室で待機している時のことだ。当時の安倍晋三官房副長官は、「拉致に関して謝罪がなければ交渉決裂、日朝平壌宣言には署名すべきでない」と主張した。これを知った北朝鮮は日本人拉致を認めた。

 

拉致被害者の皆様には、一刻も早く、一人でも多く帰国してもらいたい。

しかし、北朝鮮と首脳会談をやるのは条件が揃った時がいい。

北朝鮮が経済的に困っている

②日本が本気だと北朝鮮が思っている

 

心ある日本人は、「北朝鮮による日本人拉致問題」を忘れてはいない。