素人が新聞記事書いてみた

新聞記事を書いているつもりでブログを書いています。

【広告】

安倍総理、父墓前で総裁選3選に意欲、当選はほぼ確実

安倍晋三総理は12日午前、昭恵夫人と共に父・安倍晋太郎外務大臣の墓参りをした。

その後、同行していた報道各社からの「墓前ではどんな報告を?」の問いに対し、「6年前、総裁選挙に再び挑戦した時の志はみじんも変わっていません。しっかりとこれから夏の間にですね、さらに3年の任期に耐え得る気力と体力があるかどうか、しっかりと見つめ直しながら判断をしていきたいと思います」と述べた。

更に、「25年前、初めての総選挙への挑戦は墓前への勝利の誓いからスタートした」とも述べた。

 

自民党総裁選挙への正式な出馬表明は、8月末とみられている。

 

f:id:newspaper-ama:20180812145320j:plain

  出典:安倍晋三(@AbeShinzo)さん | Twitter

 

安倍総理は、2007年に潰瘍性大腸炎を患っていたが、病状は安定しており、健康状態は良好だ。

TwitterFacebook首相官邸のホームページにUPされた写真を見る限りは、健康そうだ。

 

安倍総理は11日より故郷・山口県に帰省している。

久しぶりに故郷へ帰り、喜んでいるように見える。

 

www.sankei.com

 

自民党総裁選挙は、「自由民主党総裁」を決める選挙で、現在の政治状態では、自由民主党総裁内閣総理大臣になる。

今回の総裁選挙は、「国会議員票」「地方票」がそれぞれ405票、計810票で争われるとみられている。(国会議員の辞任も考えられるため、まだ確定ではない)

地方票は、党員・党友の投票を基に算出される。

 

総裁選は、安倍晋三総理と石破茂氏の一騎打ちになる可能性が強い。

石破茂氏はすでに総裁選への立候補を表明済だ。

野田聖子総務相も出馬に意欲をみせているが、推薦人が集まらず、出馬は困難な情勢だ。

 

mainichi.jp

 

安倍総理の3選は、ほぼ確実な情勢だ。

現時点では、自民党国会議員405名のうち、300名以上は安倍総理に投票するとみられている。

党員・党友に関しても、同じような情勢だ。

得票数は(810票中)600票を超す可能性もある。

 

 

ちなみに、Twitter上でも調査している。(条件なし誰でも参加可)

興味がある方はご覧頂きたい。

 

(社説)自民党総裁選 安倍1強を問う論戦に:朝日新聞デジタル

(社説)自民党総裁選 1強になびく危うさ:朝日新聞デジタル

(社説)安倍1強政治の果て 民主主義の根腐れを憂う:朝日新聞デジタル

 

朝日新聞は、7月22日及び26日、8月11日の社説で、「安倍1強政治」について批判している。

8月11日の社説では、「巨大与党を従えた長期政権の弊害が、国の統治を根腐れさせようとしている現状を、これ以上見過ごせない。」とも主張している。

「国の統治を根腐れさせようとしている現状」とは具体的にどのような事なのだろうか?

朝日新聞には、客観的なデータに基づいた主張をしてもらいたいものだ。

 

朝日新聞の主張を国民はどのように思っているのか?

Twitter上でアンケートをしてみた。

 

 

あなたは誰に総理大臣になってもらいたい?