素人が新聞記事書いてみた

新聞記事を書いているつもりでブログを書いています。

【広告】

昭和天皇85歳「戦争責任のことをいわれる」、辛いご心情を侍従に

昭和天皇が85歳だった昭和62年(1987年)4月、戦争責任について苦悩を漏らしていたことが、元侍従(じじゅう)の故小林忍氏の日記より分かった。

日記は共同通信が22日までに入手した。

昭和天皇のご発言として「仕事を楽にして細く長く生きても仕方がない。辛いことをみたりきいたりすることが多くなるばかり。兄弟など近親者の不幸にあい、戦争責任のことをいわれる」と書かれている。

 

this.kiji.is

 

まず、「戦争責任」という言葉自体がおかしい。

これは戦勝国が、敗戦国に対して、力により押しつれた概念でしかない。

もし戦争責任を問うなら、日本より支那共産党や米国、ソ連の責任を問うべきだ。

 

大東亜戦争の発端となった、昭和12年(1937年)7月の盧溝橋事件(ろこうきょうじけん)や通州事件(つうしゅうじけん)は、支那共産党の策略により発生した。これにより日本は戦争の泥沼にはまっていく。

通州事件については、その存在すら知らない人も多い。

 

日米戦争が発生したのはABCD包囲網のせいだ。

完全に石油の輸入を止められていまった。

植民地同様になるか、戦争、若しくは餓死の3つしか選択肢はなかった。

日本をそこまで追い込んだのは米国だ。

 

更に、支那共産党に援助したり、米国内で工作を行ったのは、ソ連のスパイ機関と言えるコハル・ノートだ。

米国から日本への無理難題を押し付けた『ハル・ノート』の作成にも、コミンテルンが大きく関与している。

 

f:id:newspaper-ama:20180823081244j:plain

 泉水谷慶彦のブログ

 

昭和20年(1945年)9月27日、マッカーサー昭和天皇は2人だけで会見した。その会見内容については、今だに日米政府は公表していない。

マッカーサーの回想記によると、昭和天皇は以下のように仰せになられたという。

 

「日本国天皇はこの私であります。戦争に関する一切の責任はこの私にあります。私の命においてすべてが行なわれました限り、日本にはただ一人の戦犯もおりません。絞首刑はもちろんのこと、いかなる極刑に処されても、いつでも応ずるだけの覚悟があります」

「しかしながら、罪なき8,000万の国民が住むに家なく着るに衣なく、食べるに食なき姿において、まさに深憂に耐えんものがあります。温かき閣下のご配慮を持ちまして、国民たちの衣食住の点のみにご高配を賜りますように」

 

マッカーサーは感激し、日本最上の紳士と評価して、その後、非常に好意的な態度で昭和天皇と接した。

更に、マッカーサーは米国の議会で、「日本の戦争は自衛戦争だった」とも証言している。

 

www.youtube.com

 

昭和天皇は、大東亜戦争後の昭和21~29年の9年間にわたり、全国巡幸をなされた。

そして、各地で盛大な歓迎をお受けになる。

特に広島で。

これが民意である。