素人が新聞記事書いてみた

新聞記事を書いているつもりでブログを書いています。

【広告】

自民党総裁選、安倍総理3選、改憲案提出で「安倍バッシング」の予感

自民党総裁選は20日行われ、安倍晋三総理(自民党総裁)が連続3選を果たした。

7日に告示され、安倍晋三総理と石破茂元幹事長が立候補し、選挙戦が行われていた。

自民党総裁の任期は平成33年(2021年)9月末までの3年間。

 

自民党総裁選は、国会議員票と党員・党友票により行われる。

今回は国会議員票が405票、党員・党友票が405票、計810票で争われた。

なお、今回から国会議員票と党員・党友票が同数となり、以前よりも党員・党友の意思が反映されやすくなった。更に、18・19歳の党員による投票も可能となった。

 

開票結果は以下の通り。

安倍晋三候補:合計553票(議員票329票、党員算定票224票)

石破茂候補 :合計254票(議員票  73票、党員算定票181票)

棄権は3票(議員票3票)

 

 

安倍総理は、10月初旬に内閣改造・党役員人事に踏み切る。周辺に「基本的に骨格は変えない」と語ったことを複数の政府関係者が明らかにした。

麻生副総理兼財務相、菅官房長官自民党の二階幹事長ら政権の骨格は維持する方向で調整に入った。

河野太郎外相、茂木敏充経済再生担当相、世耕弘成経済産業相らも留任の方向で調整している。

 

安倍総理は総裁選後のあいさつで、「全身全霊を傾けて任務を全うしていく決意だ。いよいよ皆さんとともに憲法改正に取り組んでいきたい。すべては国民のために一致協力して新しい国を造ろう」と述べた。

本格的に憲法改正への動きが始める。

 

 

10月には臨時国会の召集が予定されている。

安倍総理はこの国会に改憲案を提出するつもりだ。

マスコミと野党のほとんどは大反対し、今まで以上の「安倍バッシング」が起こるだろう。

連立を組んでいる公明党が反対することも考えられる。

 

こんな事を言えば大袈裟と思われそうだが、日本は今、戦後の大きな分岐点の前にいる。