素人が新聞記事書いてみた

新聞記事を書いているつもりでブログを書いています。

【広告】

【皇紀】2678年10月9日

今日は、朝鮮民主主義人民共和国「通称(北朝鮮)」が初めて核実験を行った日だ。

 

平成18年(2006年)10月9日10時35分(日本との時差なし)、北朝鮮は地下核実験を行った。

爆発の規模は不明だが、USGS(米国地質調査所)は0.5~5キロトン、東京大学地震研究所は0.5~1.5キロトン程度ではないかとコメントしている。最も大きな見積もりでも15キロトン程度と見られる。

広島に落とされた原爆の規模が15キロトン程度である。

各機関によりバラつきがあったのは、満足な地震波形データが得られなかったためと、核実験と同時に自然地震が発生した可能性があるためである。

 

この実験により、「北朝鮮原子爆弾保有した」とまで言えるかは微妙だった。

地震波の測定結果などから、威力は広島・長崎型原爆には達していないと見られていた。また、放射能の拡散が検出されていない事などから、プルトニウムの爆縮がうまくいかなかったという見方もあった。

しかし、一定の成果は挙げたものと考えられている。

 

この後、北朝鮮は核実験を続ける。

1回目:平成18年(2006年)10月
2回目:平成21年(2009年)5月
3回目:平成25年(2013年)2月
4回目:平成28年(2016年)1月
5回目:平成28年(2016年)9月
6回目:平成29年(2017年)9月

 

現在までに6回の核実験を行い、北朝鮮原子爆弾を手に入れることに成功する。

更に、北朝鮮水素爆弾も完成したと言っているが、これには疑義(ぎぎ)がある。

ただ、ここ数年で、北朝鮮の脅威が大幅に増大したのは間違いない。

 

爆発による地震波の測定などから、過去6回の核実験は、咸鏡北道(ハムギョンブクどう)吉州郡(キルチュぐん)豊渓里(プンゲリ)で実施したとみられている。

 

f:id:newspaper-ama:20181009040004p:plain

出典:Wikipedia

 

北朝鮮の核保有が現実味をおび始めたのは、平成3年(1991年)ころからだ。

米国を中心に世界から圧力を受けるが、核開発を放棄するフリをして、時間稼ぎをして、核実験までこぎつける。

 

平成3年(1991年)12月31日:朝鮮半島非核化に関する南北共同宣言 ← 核開発中止の約束

平成5年(1993年)2月15日:国際原子力機関IAEA)が北朝鮮に対して特別査察を要求、北朝鮮はこれを拒否

平成5年(1993年)3月12日:核拡散防止条約(NPT)からの脱退を宣言、後に保留を表明

平成6年(1994年)10月21日:米朝枠組み合意に調印、北朝鮮の主要核施設凍結 ← 核開発中止の約束

平成14年(2002年)12月12日:寧辺ニョンビョン)にある核施設の再開を表明

平成15年(2003年)1月10日:核拡散防止条約(NPT)即時脱退を表明

平成17年(2005年)2月10日:北朝鮮核兵器保有を公式に宣言

平成18年(2006年)10月9日:北朝鮮が「核実験に成功」と発表

 

北朝鮮は核開発を放棄するという2回の約束を破っている。

核実験を行って以降も、核を放棄すると言っては、しばらくすると約束を破り核開発を進めている。

 

 

ここからは私の主観なので参考にされても困るが、北朝鮮が非核化する可能性は低いと思う。

今までの行動からして、そう判断するのが妥当だ。

 

日本も自らの身を自分の力で守ることができるように、準備を始めるべきではないのだろうか?

本来なら当たり前のことである。