素人が新聞記事書いてみた

新聞記事を書いているつもりでブログを書いています。

【広告】

2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)の開催が決定!

2025年日本国際博覧会、別称「大阪・関西万博」の開催が決定した。

(*^◇^)/゚・:*【祝】*:・゚\(^◇^*)

 

f:id:newspaper-ama:20181124075940j:plain

決定の瞬間思わず飛び上がる世耕弘成経済産業大臣、出典:世耕弘成 Hiroshige SEKO on Twitter

 

2025年の万博開催地を決めるBIE(博覧会国際事務局)の総会が23日(日本時間24日未明)、パリで開かれ、加盟国の投票の結果、日本が開催地に選ばれた。

投票はBIFに加盟する170カ国のうち、分担金を支払った156カ国による無記名投票で行われた。

立候補していたのは日本(大阪・関西)、ロシア(エカテリンブルク)、アゼルバイジャン(バクー)の3カ国。

日本は1回目の投票で85票を集めて1位通過、ロシアとの決選投票でも半数以上の92票を獲得し争いを制した。

大規模な万博が日本で行われるのは、1970年の大阪、2005年の愛知以来の3回目となった。

大阪では1970年以来、55年ぶりの開催となる。

 

投票前のプレゼンテーションでは、日本からは世耕弘成(せこう ひろしげ)経済産業相らが登壇した。

映像ではアニメ『ポケットモンスター』のキャラクター『ピカチュウ』が会場予定地の紹介をした。

更に、安倍晋三総理からのメッセージも流された。

 

投票の行方を現地で見守っていた、「2025日本万国博覧会誘致委員会」の松井一郎大阪府知事榊原定征(さかきばら さだゆき)経団連名誉会長らは、決定の瞬間、歓声やガッツポーズで喜びを爆発させた。

 

www.youtube.com

 

大阪・関西万博の誘致の中心的な役割を果たした 「2025日本万国博覧会誘致委員会」によると、万博の開催概要は以下のとおり。

 

大阪・関西万博開催概要

開催期間:2025年5月3日(土)~11月3日(月)  185日間
開催場所:大阪・夢洲(ゆめしま)
想定来場者数:約2800万人
経済波及効果(試算値):約2兆円

情報元: 2025日本万国博覧会誘致委員会 -大阪・関西

 

万博はワールド・カップやオリンピック同様、お祭・イベントの要素が強い。世界中からたくさんの人たちが集まってくる。

高い経済波及効果が期待できるため、地域経済の活性化にも繋がる。

更に、日本文化を世界に発信するチャンスでもある。

 

国際博覧会条約によると、万博とは「複数の国が参加した、公衆の教育を主たる目的とする催しであり、文明の必要とするものに応ずるために人類が利用することのできる手段又は人類の活動の一若しくは複数の部門において達成された進歩若しくはそれらの部門における将来の展望を示すものをいう」とある。

つまり、世界最大の博覧会である。

そして、過去の万博では、新しい技術や商品が展示されることにより、人間の生活が便利になる「きっかけ」となっている。いくら良い技術や商品があっても、それの知名度が低ければ普及することは少ない。

 

万博が「きっかけ」で普及した主なもの

・エレベーター(1853年、ニューヨーク万博)

・電話(1876年、フィラデルフィア万博)

ファミリーレストラン、ワイヤレステレフォン、缶コーヒー、電気自動車、動く歩道(1970年大阪万博
・ICチップ入り入場券、AED、ドライミスト(2005年愛知万博

 

万博は、未来の社会をちょっとだけ見ることができるとも言える。

日本で開かれるというのは、非常に夢がある話である。