素人が新聞記事書いてみた

新聞記事を書いているつもりでブログを書いています。

【広告】

宜野湾市議会が「辺野古埋め立て」県民投票の予算案否決、なぜ県民投票?

沖縄県宜野湾 ぎのわん市議会は20日、「辺野古米軍基地建設のための埋立ての賛否を問う県民投票条例」に基づき、来年2月に県民投票を行うために必要な補正予算案を賛成少数で否決した。

同予算案は、松川正則 まつかわ まさのり市長が議決のやり直しを求めて再議となったが、再び否決した。

再議とは、地方自治法に定められた手続きで、議会が行った議決に対し、首長が審議のやり直しを求める行為のことを言う。

 

松川正則 まつかわ まさのり市長は、記者団に「議会の否決は重い。熟慮し、判断したい」と述べた。更に、「普天間飛行場の危険性除去に言及がない」とも語り、県民投票の必要性に関して疑念を呈した。

 

沖縄市議会と「うるま市議会」も同日、県民投票に必要な予算案を否決した。

関連予算を認めなかった議会は、これで9市町に上った。

沖縄県有権者約116万人のうち、4割超が投票に参加しない可能性がある。

なお、県民投票の結果に法的拘束力はない。

 

f:id:newspaper-ama:20180901161950j:plain

宜野湾市にある普天間飛行場、出典:Wikipedia

 

宜野湾ぎのわん市には普天間飛行場ふてんまひこうじょうがある。在日米軍海兵隊の軍用飛行場で、嘉手納飛行かでなひこうじょうと並び、沖縄における米軍の拠点となっている。 

沖縄県によると、普天間飛行場は「世界一危険な飛行場」と称されているらしい。

情報元:5.普天間飛行場の危険性/沖縄県

 

この対応策として、普天間飛行場をなくし、その機能を辺野古キャンプ・シュワブへ移設することが決定し、現在工事が行われている。

キャンプ・シュワブとは、沖縄県名護市と国頭郡くにがみぐん宜野座村ぎのざそんにまたがる在日米軍海兵隊の基地である。

普天間飛行場の機能は、主にキャンプ・シュワブの海側、名護市辺野古へのこに移される。滑走路はV字に2本作られる。1本は埋立地に、もう1本は陸地と埋立地が半々くらいの場所に作られる。

辺野古新基地建設イメージ | 沖縄県

 

今月14日、埋め立て予定区域に初めて土砂投入が開始された。

移設が順調に進み、普天間飛行場の機能を辺野古へ移設できれば、沖縄の基地負担は大幅に少なくなる。

何より、「世界一危険な飛行場」普天間飛行場の危険は除去されることになる。

 

f:id:newspaper-ama:20181204082316j:plain

キャンプ・シュワブ、出典:Wikipedia

 

平成31年2月24日(日曜日)、沖縄県は県民投票を実施する予定だ。

この県民投票は、辺野古米軍基地建設のための「埋立ての賛否」を問うものである。

情報元:平成31年2月24日(日曜日)は県民投票です。/沖縄県

 

 

この県民投票にはいくつかの疑問がある。

沖縄県は各地で埋め立てをしている。なぜ、今回の埋め立てだけ騒ぐのか?

更に、最高裁判所の判決が出ているものを県民投票するのは間違いだ。県民投票は司法に訴えない場合に民意の中で取る手法である。司法の判断で思うような結果が出なかったと言って再度県民投票を行うなら、何のための裁判だったのだ?

 

平成30年度の沖縄県の収入は7310億円。うち、地方交付税は2031億円、国庫支出金は1993億円である。  

情報元:平成30年度 当初予算(案)説明資料 | 沖縄県

沖縄県の収入の半分以上は政府(国)からのものだ。事実、歴代の沖縄知事は米軍基地があることを理由に、多くの金を政府からもらってきた。

米軍基地は沖縄県にとって金の成る木だ。口では反対をしていても、実際に無くなってしまうと非常に困る。基地で働いたり、仕事で関係している県民も多い。

県民投票は、沖縄県が政府との交渉を有利に進めるための道具である。

 

沖縄県民が米軍基地に反対しているのは沖縄のマスコミ、特に地元紙の「沖縄タイムス」と「琉球新報」の影響が大きい。両新聞社は米軍基地に対して、大々的に反対している。沖縄本島の新聞の98%がこの2紙で占められていると言われる。両紙は支那との関係が深い。

これに沖縄県普天間飛行場の地権者、国内外の反日勢力などの思惑が重なり、米軍基地に対して反対運動が行われている。

沖縄の米軍基地に関する問題を解決するには、沖縄県民に正しい情報が知れ渡る必要がある。

 

<平成31年12月22日、情報追加>

辺野古米軍基地建設のための埋立ての賛否を問う県民投票条例」に基づき、来年2月に県民投票を行うために必要な補正予算案を否決した自治体は以下のとおり。

沖縄市

うるま市

宜野湾市

宮古島市

石垣市

糸満市

本部町

金武町

与那国町

沖縄県が行う予定の県民投票には3割以上の有権者が参加しないこととなりそうである。

これで県民投票と言えるのだろうか?

 

【広告】