素人が新聞記事書いてみた

新聞記事を書いているつもりでブログを書いています。

【広告】

天皇陛下85歳、陛下最後の「天皇誕生日一般参賀」に平成最多8万2850人

天皇陛下の85歳のお誕生日をお祝いする「天皇誕生日一般参賀」が23日、皇居で行われた。

来年4月30日に御譲位なされる陛下にとって、「天皇誕生日一般参賀」は今回が最後となられた。

宮内庁によると、 「天皇誕生日一般参賀」の参加者は、午後の記帳者を含め8万2850人。平成以降最多となった。

 

一般参賀とは、昭和23年(1948年)から年2回、開催されている皇室行事である。

1月2日に「新年一般参賀」が、天皇誕生日(平成は12月23日)に「天皇誕生日一般参賀」が行われる。

皇居宮殿長和殿 ちょうわでんのガラスの向こうから、天皇だけでなく成年皇族も参加し、民衆に対して手を振る。民衆は長和殿前の庭で、日の丸の小旗を振りながら、天皇や皇族を迎える。

 

www.youtube.com

 

天皇陛下は午前中に3回、皇后陛下、皇太子同妃両殿下、秋篠宮同妃両殿下、眞子内親王殿下、佳子内親王殿下と共に、皇居宮殿長和殿 ちょうわでんのベランダにお立ちになられ、お言葉をお述べになられた。

 

天皇陛下のお言葉全文

誕生日にあたり、大勢の皆さんからこのように祝意を受けることを誠にうれしく思います。今年も残念なことに各地で災害が起こり、これにより家族や親しい人を失い、あるいは被害を受け、今も不自由な生活を送っている人々のことを思い、深く案じています。

冬至が過ぎ、あとわずかで新しい年を迎えます。明けてくる年が皆さんにとり、明るい良い年となるよう願っています。皆さんの健康と幸せを祈ります。

引用:天皇陛下85歳、お言葉全文「今も不自由な生活を送っている人々のことを思い、深く案じています」 - 産経ニュース

 

www.youtube.com

 

次回の一般参賀は、来年1月2日の「新年一般参賀」である。

今年の「新年一般参賀」の参加者は平成最高の12万6720人だったが、これ以上の参加者がいると見込まれる。

詳細は以下のとおり。

期日 平成31年1月2日
参入時刻 (午前9時30分~午後2時10分)
参入門 皇居正門(二重橋
退出門 坂下門,桔梗門(ききょうもん),大手門,乾門
お出まし(予定) ○第1回及び第2回は,天皇皇后両陛下,皇太子同妃両殿下始めお出ましになれる成年の皇族方
○第3回以降は,天皇皇后両陛下,皇太子同妃両殿下,秋篠宮同妃両殿下,眞子内親王殿下及び佳子内親王殿下
  • 第1回 午前10時10分頃
  • 第2回 午前11時00分頃
  • 第3回 午前11時50分頃
  • 第4回 午後1時30分頃
  • 第5回 午後2時20分頃

参入門の閉門時刻は午後2時10分となっております。入門する際に手荷物検査等が行われますので,余裕を持ってお越しください。参賀者多数の場合,皇居前広場から参入門入門までに1時間以上かかる場合があります。

また,閉門時間にあわせた整理誘導を行いますので,御協力をお願いします。

引用:宮内庁

 

「新年一般参賀」は真冬である。

温かい服装で出かけ、体調が良くない方は行ってはいけない。

あと、トイレは事前に済ませた方がいい。直前に多くの水分を多くとるのもダメ。

初めて参加される方は、宮内庁のホームページやネットなどで事前に情報収集をし、注意事項を確認しておいた方がいい。

 

天皇や皇室について知れば、日本のことが好きになる。

 

 

【広告】