素人が新聞記事書いてみた

新聞記事を書いているつもりでブログを書いています。

【広告】

東京大学、世界で最も精密な頭部3DCGデータベースを開発、無償提供も

東京大学医学部附属病院の研究グループは、世界で最も精密なヒトの頭部3DCGデータベースを開発した。

最先端のコンピューターグラフィックス技術を用いて、ヒトの頭部の構造を精巧に再現した3次元コンピューターグラフィックス(3DCG)である。3Dプリンターで造形することも可能である。

 

東京大学はこの頭部3DCGデータベースを、非商用かつ研究もしくは教育用途に限り、無償提供を開始した。ただし、使用する前に許可をとる必要はある。

↓の専用サイトからダウンロード可能である。

東京大学脳神経外科 頭部3DCGデータベース

 

f:id:newspaper-ama:20190120154923p:plain

「頭部3DCGデータベース」の専用サイト、原典:東京大学脳神経外科

 

3DCGデータベースは、実際の人体の解剖所見や教科書を参考にして作られて、1,000パーツ以上で構成されている。

編集には脳神経外科医の意見が取り入れられた。このため、今までの医用画像では確認できない脳実質内の神経線維、硬膜、微小血管などが精密に再現されている。

「世界最高レベルの精巧さ」と言う。

特徴としては、リトポロジーなどの最新のCG技術を使うことによりデータの軽量化がなされている。更に、用途に応じて必要なパーツだけをダウンロードして利用することも可能である。

3DCGデータベースの利用方法としては、医学講義や解剖学実習での活用、研究開発での活用、論文や著書などへの添付、スナップショットのウェブ公開などが想定されている。

 

同研究は、革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)の 「バイオニックヒューマノイドが拓く新産業革命」の一環として実施されたものである。

このような研究に日本はもっと力を入れるべきである。

 

 

【広告】