素人が新聞記事書いてみた

新聞記事を書いているつもりでブログを書いています。

【広告】

韓国、日本の哨戒機が「また威嚇飛行」と発表、国内向けのアピールだろう

韓国国防部は23日、日本の哨戒機が韓国艦艇に対して「威嚇飛行」を行ったと発表した。

緊急記者会見を開き、「明白な挑発行為であり、日本の意図を疑わざるをえず、強く糾弾する」と日本側を非難した。更に、「友好国への挑発行為で、日本の下心を疑わざるを得ない」とし「再発した場合、韓国軍の対応規則に従い、強力に対応する」と警告した。

その後、在韓日本大使館駐在武官を呼び出し、抗議を行った。

 

韓国国防部の発表によると、海上自衛隊の哨戒機が23日午後2時3分ごろ、東シナ海離於島イオド付近で、韓国海軍の艦艇に高度約60~70メートル、距離540メートルまで接近し「低空威嚇飛行」を行ったという。

また、日本は今月の18日と22日にも、韓国海軍の艦艇に対して「低空威嚇飛行」を行っていたという。

情報元:국방정책

 

f:id:newspaper-ama:20190124094111j:plain

記者会見をする韓国合同参謀本部のソ・ウク作戦本部長、出典:국방정책

 

韓国国防部の発表をうけ。

岩屋毅いわや たけし防衛大臣は「報道は承知している。詳しい中身は確認中」とした上で、「韓国側から指摘を受けたという60〜70mの高度というのは正確ではないと思う。きちんと記録をとっているが、高度150m以上を確保して、従来どおり国際法規や国内法に則って適切な運用を行っていたと承知している」と述べた。

更に、今月の18日と22日にも、低空威嚇飛行があったとする点については、「これも適切な運用を行っている。脅威になるような飛行は行っていない」と否定した。

 

 

韓国国防部の今回の報道は、韓国の国内向けのアピールだろう。

目的は「日本の哨戒機=威嚇飛行」というイメージをつくること。

韓国は、韓国海軍レーダー照射事件を「日本の哨戒機が威嚇飛行したもの」ということにすり替えようとしているのではないのだろうか?

韓国海軍レーダー照射事件とは、平成30年12月20日午後3時ころ、能登半島沖の日本海において韓国海軍の駆逐艦が、海上自衛隊のP-1哨戒機に、火器管制レーダー(射撃管制用レーダー)を照射したとされる事件である。国際法上、火器管制レーダーは武器使用に準ずる行為とされている。

 

韓国には、「嘘でも何回も言えば、事実のように扱われる」という社会通念がある。

従軍慰安婦問題がいい例である。売春婦が「旧日本軍により、強制的に性奴隷にさせられた被害者」ということに変えられてしまった。

日本は韓国が言いがかりを付けてくる度に、しっかりと理詰めで反論すべきである。

本当に「めんどくさい国」である。

 

 

【広告】