素人が新聞記事書いてみた

新聞記事を書いているつもりでブログを書いています。

【広告】

天皇陛下御在位三十年記念式典、陛下「務めを果たしてこられたのは、民度のお陰」

政府主催の「天皇陛下御在位三十年記念式典」が24日、天皇皇后両陛下をお迎えし、国立劇場(東京都千代田区)で開かれた。

安倍総理三権の長、知事、駐日大使のなど約1100人が参列した。

 

式典では、安倍総理などが祝辞を述べた。

その後、天皇陛下が作詞し皇后陛下が作曲した『歌声の響』を歌手の三浦大知みうら だいち氏が独唱した。

最後に「天皇陛下のおことば」があり、万歳三唱が行われた。

式典の時間は1時間10分ほどだった。

 

f:id:newspaper-ama:20190225075253p:plain

会場を後になされる際、出席者にお辞儀をなされる天皇陛下、出典:政府インターネットテレビ

 

天皇陛下御在位三十年記念式典は、政府によりインターネットで生中継された。

また、以下のサイトより、全編を視聴することができる。

 

nettv.gov-online.go.jp

 

天皇陛下は、「天皇としてのこれまでの務めを、人々の助けを得て行うことができたことは幸せなことでした」とお述べになられ、国民に謝意を示された。

続けて、「私がこれまで果たすべき務めを果たしてこられたのは、その統合の象徴であることに、誇りと喜びを持つことのできるこの国の人々の存在と、過去から今に至る長い年月に、日本人がつくり上げてきた、この国の持つ民度のお陰でした」と、お考えをお述べになられた。

情報元:主な式典におけるおことば(平成31年):天皇陛下のおことば - 宮内庁

 

f:id:newspaper-ama:20190225103235p:plain

万歳三唱をする出席者、出典:政府インターネットテレビ

 

日本人は民度の高い民族である。

そして、その民度の高さは天皇の存在があるからだと思う。

 

日本各地には多くの神社があり、そこに神主がいる。

神主の最高位が天皇だ。

天皇の務めで、最も時間をかけるのが『祭祀さいし』である。

神武天皇じんむてんのうさい神嘗祭かんなめさい新嘗祭にいなめさいなどで、年間約20件近くの祭祀が行われている。

情報元:宮中祭祀 - 宮内庁

 

祭祀とは、神々や祖先などをまつることである。

天皇はその時、国家の安泰と国民の幸せを祈る。

そう、あなたの幸せのために。

 

国民の多くはこの事実を知らない。

しかし、何となく肌で感じているのではないのだろうか。

 

【広告】