素人が新聞記事書いてみた

新聞記事を書いているつもりでブログを書いています。

【広告】

【皇紀】2679年2月26日

今日は、二・二六事件にいにいろくじけん 
が起きた日だ。

 

二・二六事件とは、 昭和11年(1936年)2月26日から29日にかけ、大日本帝国陸軍青年将校らが、約1,500名のは下士官かしかん・兵を率いて起こしたクーデター未遂事件である。

将校とは、主に少尉から大佐までの階級を持つ軍人のことを言う。下士官は伍長から上級曹長、兵は兵長以下。

 

f:id:newspaper-ama:20190225211828j:plain

二・二六事件に参加した栗原安秀くりはら やすひで陸軍歩兵中尉(中央マント姿)と下士官・兵、出典:Wikipedia

 

日本には当時、大日本帝国陸軍大日本帝国海軍があり、これらは全く別の組織だった。

そして、大日本帝国陸軍には、皇道派こうどうは統制派とうせいはの2大派閥があった。

皇道派天皇親政と、日本文化を重んじていた。ソ連を攻撃する必要性(北進論)を主張していた。

統制派はドイツの影響を強く受けており、中央集権化した経済、技術の近代化を重視していた。日本は南方に進出すべでだ(南進論)と主張していた。

 

二・二六事件は、皇道派こうどうは青年将校らが中心となって起こした事件である。

 

f:id:newspaper-ama:20190225233356j:plain

内務省前を占拠する反乱軍兵士、出典:Wikipedia

 

昭和11年(1936年)2月26日未明、皇道派青年将校らは、約1500名の下士官・兵を率いて、重要人物の殺害を慣行した。

高橋是清たかはし これきよ大蔵大臣、斎藤実さいとう まこと 
内大臣渡辺錠太郎わたなべ じょうたろう 
教育総監松尾伝蔵まつお でんぞう 
内閣総理大臣秘書官事務取扱(私設秘書)及び警官5名が殺害された。最重要人物であった岡田啓介おかだ けいすけ 総理大臣は押し入れに隠れて難を逃れた。

そして、総理大臣官邸や陸軍省、警視庁などの重要地点を占拠した。

 

事態を知った陸軍内部では、首都での同士討ちを恐れて消極的な意見が大勢を占めていた。

皇道派青年将校らに対して、同情的な意見もあった。

クーデターは成功してしまうかに思われた。

しかし!

 

f:id:newspaper-ama:20190226062220p:plain

昭和天皇、出典:Wikipedia

 

昭和天皇は、自ら近衛師団このえしだん 
天皇と皇居を護衛する師団)を率いて、反乱軍を鎮圧するという意向を表明した。

これを聞き正気を取り戻した大日本帝国陸軍は、大日本帝国海軍と共に鎮圧をはかる。

 

昭和11年(1936年)2月28日、クーデタ参加部隊を反乱軍とする命令が伝えられ、兵士たちにもとの部隊に戻るようにとの天皇の命令が下された。

これを受けて翌日には部隊は解散され、クーデタは終結した。

首謀者の青年将校たちのほとんどは投降した。

2名の青年将校は自決した。

そして、関係者19名が死刑となった。

 

この事件は政治に大きな影響を与える。

軍部大臣現役武官制が復活する。陸軍大臣海軍大臣の就任資格が、現役の大将・中将に限定される。

これにより、大日本帝国陸・海軍の政治的な発言力が増す。

 

皇道派青年将校たちの多くは、愛国心のある若者だった。

しかし、クーデターというやり方が間違っていた。 

歴史を見ると、愛国心が強い人間は、国益に反することをしてしまう場合が多々ある。

妄信すると、客観的な判断はできなくなる。

 

 

【広告】