素人が新聞記事書いてみた

新聞記事を書いているつもりでブログを書いています。

【広告】

全人代が開幕、成長率は6~6.5%が目標、軍事予算は20兆円弱

中華人民共和国の第13期全国人民代表大会第2回会議が5日、北京の人民大会堂で開幕した。日程は今月15日まで。

 

全国人民代表大会とは、中華人民共和国一院制議会である。同国の憲法では、国家の最高権力機関かつ立法機関として位置づけられている。通称は「全人代ぜんじんだい」。

全人代の任期は5年。毎年1回、3月頃に開催される。

代表の定数は3000人以下。第13期全国人民代表大会の議員数は2980人。各省・自治区直轄市特別行政区の代表及び軍の代表から構成されている。共産党員が約70%を占め、残りは少数民族や「民主党派」の党員などである。ただし、人選は共産党の意向によるものと言われている。

中華人民共和国には共産党以外にも、「民主党派」と呼ばれる8つの政党がある。

 

f:id:newspaper-ama:20190306074856p:plain

中華人民共和国の国徽、出典:Wikipedia

 

全人代では、李克強り こっきょう首首相が恒例の「政府活動報告」を発表した。前年を総括し、今年の目標を示すものである。主な内容は以下のとおり。

昨年の成果
国内総生産GDP)成長率6.6%を達成し、その規模が90兆元を突破
・都市部の新規雇用者数が1361万人に達する
・農村部の貧困人口は1386万人減少

今年の目標
GDP成長率6~6.5%。
・都市部の新規雇用者数を1100万人以上、調査失業率を5.5%前後、登録失業率を4.5%以内
・農村貧困人口を1000万人以上減少

情報元:速読!2019年政府活動報告の重要ポイント--人民網日本語版--人民日報

 

同時に公表された2019年予算案によると、国防費は前年実績比7.5%増の1兆1898億7600万元(約19兆8千億円)を計上した。

国防予算の伸び率は前年比0.6ポイント減で2年ぶりのマイナスとなったが、国内総生産GDP)成長率と比べると高い水準を維持している。

情報元:中国全人代開幕 成長率目標は6~6・5% 国防費は7・5%増

 

f:id:newspaper-ama:20190306104436p:plain

資料:GLOBAL NOTE、出典:連合国(国連)

 

中華人民共和国はここ十数年、凄まじい経済成長をしてきた。

国内総生産GDP)は2010年頃には日本を抜き、2018年には日本の2.5倍を超える水準だ。

 

中華人民共和国の経済力が強くなることに、アメリカ合衆国は危機感を抱いている。

昨年から中華人民共和国からの輸入品に「追加関税」をかけている。

つまり、自分より力をつけそうな国を早めに潰しているのだ。

かつては日本もやられたことであるが、今はありがたい。

 

中華人民共和国の来年度の軍事予算は20兆円近くなる。

日本の4倍近い水準である。

両国の軍事費がこれ以上開いたらどうなるか・・・

日本も経済成長し、軍事費を増やす必要がある。

消費税を増税している場合ではない。

 

 

【広告】