素人が新聞記事書いてみた

新聞記事を書いているつもりでブログを書いています。

【広告】

アイリスオーヤマ、初の韓国工場稼働、韓国での生産・販売を強化

アイリスオーヤマ株式会社を中核とするアイリスグループで、初の韓国での生産拠点となる「仁川工場インチョンこうじょう」が22日、稼働した。

 

「仁川工場」の概要

所在地  :仁川広域市インチョンこういきし松島洞ソンドドン.215-1

敷地面積 :27,619㎡

建物総面積:44,662㎡

自動倉庫 :26,560パレット

総投資金額:約70億円(土地:約20億円、建物・設備:約50億円)

生産製品 :家電製品(サーキュレーター、布団乾燥機、空気清浄機)、収納用品

販売計画 :50億円(初年度)

情報元:韓国での家電販売を本格化 IRIS KOREA CO.,LTD. 仁川工場 竣工|2019年|ニュース|企業情報|アイリスオーヤマ

 

f:id:newspaper-ama:20190329072631j:plain

アイリスオーヤマ本社、出典:Wikipedia

 

アイリスオーヤマ株式会社」の概要

設立  :1971年4月

代表者 :代表取締役社長  大山晃弘おおやま あきひろ

資本金 :1億円

従業員数:3,503名(2019年1月現在)

売上高 :単体1,550億円、連結4,750億円(2018年度)

事業内容:生活用品の企画、製造、販売

情報元:会社概要 | 企業情報 | アイリスオーヤマ

 

アイリスグループ(アイリスオーヤマ)は現在、韓国内のインターネット通販で、サーキュレーターなどの家電製品の販売が好調に推移している。

今後の成長を見込み、「仁川工場インチョンこうじょう」で家電製品の生産を強化し、韓国内での家電事業の更なる拡大を目指す。同工場は物流センターとしての役割も兼ね備えており、京畿道キョンギド軍浦市クンポしの物流センターとの2拠点体制を確立することにより、物流体制の効率化を図るという。

また、サーキュレーターなど支那の工場で生産している製品の一部を仁川工場に移管し、米国に輸出する。米支貿易摩擦による対米輸出品の追加関税を考慮し、リスク分散を図るという。韓国から米国への輸出品には、FTA(米韓自由貿易協定)で関税がかからない。

 

 

現在、日韓関係は非常に悪化している。旧朝鮮半島出身労働者問題(なぜかマスコミは「徴用工」と言う)では、多くの日本企業が損害賠償を起こされている。

しかし、アイリスグループは大きな問題はないと分析しているようだ。

アイリスオーヤマ大山晃弘おおやま あきひろ
社長は、「一般消費者の方は、日本企業であるから、韓国企業であるからという考えでお買い物されていない」と述べた。

 

本当にそうだろうか?

アイリスグループ(アイリスオーヤマ)と日本人の一般消費者の間に、感覚のズレがあると感じるのは、筆者だけだろうか?

 

【広告】