素人が新聞記事書いてみた

新聞記事を書いているつもりでブログを書いています。

【広告】

NTTドコモ、6月から新料金プラン、全体的に値下げ、最大4割下げも

NTTドコモは15日、携帯電話の新料金プラン「ギガホ」と「ギガライト」を6月1から提供開始すると発表した。予約受付開始は5月22日から。

「端末代金と通信料を一体化した料金プラン」が禁止されることに対応したもので、条件が揃えば月額で最大4割の値下げとなるケースもある。ただし、KDDIau)やソフトバンクも料金を見直すとみられ、NTTドコモのみが低料金という訳にはならない模様。

 

f:id:newspaper-ama:20190416075739p:plain

NTTドコモのロゴ、出典:Wikipedia

 

新料金プランは「ギガホ」と「ギガライト」の2種類しかない。なお、これ以下の記事の料金に消費税額は含まれていない。

 

「ギガホ」は、音声通話・データ通信が一体となった料金プランである。申し込みが必要。

データ通信量は毎月30GBまでは速度制限なしに使用でき、30GBの容量超過後は送受信が最大1Mbpsに抑制される。

月額基本料金は、6980円(定期契約あり)、8480円(定期契約なし)。これに音声通話料金が加わる。

定期契約の条件は2年間同一回線の継続。申し込み時に「定期契約あり(自動更新あり/なし)」か「定期契約なし」から選択する。途中解約した場合には9500円が発生する。

「みんなドコモ割」が適用されれば、1台当たりの月額基本料金は安くなる。2回線なら1台当たり500円、3回線以上なら1台当たり1000円安くなる。例えば、3回線以上の契約で定期契約をすれば、1台当たりの月額基本料金は5980円となる。

「みんなドコモ割」は家族なら適応される場合が多く、三親等以内の親戚にも適応されることもある。詳細は要確認。

 

「ギガライト」も、音声通話・データ通信が一体となった料金プランである。 申し込みが必要。

データ通信量の最大を毎月1~7GBまでの間(ステップ1~ステップ4)で選択し、容量超過後は送受信が最大128Kbpsまで抑制される。128Kbpsの速度は低速のため、実際に使用すると不都合を感じる場合が多い。

月額基本料金はステップ1~ステップ4で異なる。なお、左は「定期契約あり」で、右は「定期契約なし」のもの。

・ステップ4(~7GB);5980円 ,7480円

・ステップ3(~5GB);4980円 ,6480円

・ステップ2(~3GB);3980円 ,5480円

・ステップ1(~1GB);2980円 ,4480円

音声通話料金や定期契約、「みんなドコモ割」の条件は「ギガホ」と同じ。

 

新料金プランは複数契約(家族や親戚の場合も含む)している利用者にとって有利なものである。ただ、1回線しか契約していなくても安くなる場合は多い。

 

通信回線の契約変更をすると、トラブルが発生する場合が多い。理解できないことがある場合には、十分な説明を聞いて、理解してから変更をおこなった方がいい。

筆者の知り合いにも、電話の勧誘によりネット回線やプロバイダを変更し、トラブルになった方が何人かいる。

 

NTTドコモの総合お問い合わせ(ドコモ インフォメーションセンター)

ドコモの携帯:(局番なし)151(無料)

一般電話など:0120-800-0000

☆受付時間:午前9時~午後8時

 

 

【広告】