素人が新聞記事書いてみた

新聞記事を書いているつもりでブログを書いています。

【広告】

陛下「支えてくれた国民に、心から感謝します」、在位中最後のお言葉

天皇陛下(第125代、御名ぎょめい明仁あきひと)は30日、皇居・宮殿「松の間」で、「退位礼正殿たいいれいせいでんの儀」にお臨みになられた。

同儀式が行われるのは、江戸時代後期の光格こうかく天皇(第119代)以来202年ぶり。憲政史上では初。国民に広く知らせるため、憲法が定める天皇の国事行為として実施された。

皇后陛下や皇太子同妃両殿下ら成年皇族15人全員に加え、閣僚や衆参正副議長、最高裁長官、国会議員、都道府県知事や市町村長の代表ら294人が参列した。

 

f:id:newspaper-ama:20190430183004p:plain

退位礼正殿たいいれいせいでんの儀にお臨みになられる天皇陛下、原典:YouTube

 

午後5時、モーニング姿の天皇陛下皇后陛下と共に「松の間」にご入室になられた。

侍従が皇位の証とされる三種の神器じんぎのうち天叢雲剣あまのむらくものつるぎの複製品と八尺瓊勾玉やさかにのまがたま天皇の印「御璽ぎょじ」、国の印「国璽こくじ」を「あん」と呼ばれる台の上に置いた。

安倍晋三総理が「深い敬愛と感謝の念をいま一度新たにする次第であります」と国民代表の辞を述べた。

続き、天皇陛下が在位中最後となるお言葉をお述べになられた。全文は以下の通り。

 ◇

今日こんにちをもち、天皇としての務めを終えることになりました。

ただ今、国民を代表して、安倍内閣総理大臣の述べられた言葉に、深く謝意を表します。

即位から30年、これまでの天皇としての務めを、国民への深い信頼と敬愛をもって行い得たことは、幸せなことでした。象徴としての私を受け入れ、支えてくれた国民に、心から感謝します。

明日から始まる新しい令和の時代が、平和で実り多くあることを、皇后と共に心から願い、ここに我が国と世界の人々の安寧と幸せを祈ります。

 

www.youtube.com

 

退位礼正殿たいいれいせいでんの儀は10分ほどで滞りなく終わった。

 

平成の御代は今日限りである。

ご譲位になられる今上陛下に感謝の気持ちをお伝えしたい。

「陛下、国民のために、本当にありがとうございました」

 

【広告】