素人が新聞記事書いてみた

新聞記事を書いているつもりでブログを書いています。

【広告】

NHK、番組をネットへ常時同時配信可能に、令和元年度中にも

放送法の一部を改正する法律」が29日、参院本会議で賛成多数で可決、成立した。

NHKは全番組を放送と同時に、インターネットへ常時配信することが可能となる。施行は今年度中の予定。

 

f:id:newspaper-ama:20190530080745p:plain

放送法改正のポイント、原典:総務省

 

NHKは令和元年度中に、地上波の「総合」と「Eテレ」を、放送と同時にネットへ配信するようになる見込み。スマホでも見られるようになる。現在、同時配信が可能な番組は、災害や重大なニュースなどに限定されている。

利用対象者はNHK受信料を払っている世帯の人で、追加料金は発生しない。受信料を払っていない人が配信サイトにアクセスした場合には、契約を促すメッセージが表示されるようにするという。ただし、災害情報などは誰でも視聴できるようにする。

NHK受信料を払っている人を認証する仕組みや、視聴できる端末を1契約あたり何台までにするか等、まだ未決定の事項もある。

 

改正法には、NHK業務の肥大化に歯止めをかけるための規定も盛り込まれた。配信の内容や費用に関する基準などを策定し、公表することが義務化された。

しかし、民放関係者などからは、NHKが肥大化するとの懸念の声も聞かれる。NHKは令和2年度以降のネット事業の上限を明確にしていない。

 

 

国民も反対の意見も多い。

「将来的にネットからもNHK受信料を徴収するための準備ではないのか?」との声も聞かれる。

そう考えるのも当然だ。若い世代ほどテレビを見ない。NHK受信料は将来減っていくだろう。また、NHK集金人のなかには、強引に契約を迫る者も多い。国民が疑うのも当然といえる。

 

 そもそも、NHKは日本に必要か?

 筆者には受信料を払ってまでも必要なものとは思えない。

 

【広告】