素人が新聞記事書いてみた

新聞記事を書いているつもりでブログを書いています。

【広告】

川崎市、ヘイトスピーチ等に刑罰を科す素案、成立すれば国内初

川崎市は24日、「(仮称)川崎市差別のない人権尊重のまちづくり条例」(素案)を公表した。ヘイトスピーチ等を行った者に対し、50万円以下の罰金を科すこと等が盛り込まれた。

ヘイトスピーチを規制する条例に刑罰を設けた例はなく、成立すれば国内初となる。

 

川崎市によると、同市は日本各地や海外から多くの人たちが移り住み、多様な文化が交流する「多文化のまち」として発展してきたという。

しかし、近年、ヘイトスピーチやインターネットを利用した人権侵害が顕在化してきたため、条例を制定する必要があるのだという。

 

f:id:newspaper-ama:20190625074607j:plain

川崎市役所(正面)、出典:Wikipedia

 

素案では、市内の道路や公園など公共の場所で、特定の国・地域の出身者らに対して、ヘイトスピーチを行ったり、差別的行動をすることを禁じた。

対象となる手段は、①拡声機の使用、②看板やプラカード等の掲示、③ビラやパンフレット等の配布、④多数の者が一斉に大声で連呼。

 

違反した場合には、「勧告」「命令」「公表・罰則」が順次行われる。

まず「勧告」が行われ、次に「命令」が行われる。これ等は注意するだけである。

そして、3度目の違反で「公表・罰則」が行われる。氏名又は団体の名称、住所、団体の代表者等の氏名のほか、命令の内容その他規則で定める事項を公表する。更に、刑事告発して50万円以下の罰金を科すとしている。

 

罰則の対象にはなっていないが、インターネットで、特定の国・地域の出身者ら対する不当な差別的言動がある認めるときには、プロバイダーに書き込みの削除要請を行ったり、事案の内容を公表したりすることも盛り込まれた。

 

川崎市は7月8日~8月9日までパブリックコメントを行う。問い合わせ先は以下のとおり。

川崎市 市民文化局人権・男女共同参画

〒210-0007 川崎市川崎区駅前本町11-2 川崎フロンティアビル9階

電話:044-200-2316

ファクス:044-200-3914

メールアドレス:25zinken@city.kawasaki.jp

同市は12月下旬に条例案と提出する方針。

令和2年4月1日に新条例の一部施行、同年7月1日に全部施行を目指している。

 

情報元:川崎市:「(仮称)川崎市差別のない人権尊重のまちづくり条例」(素案)について

 

www.youtube.com

 

ここからは筆者個人の意見である。

川崎市の条例には反対である。

 

まず、差別的行動(ヘイトスピーチなど)か否かは「差別防止対策等審査会」が決定するのだが、基準が明確とは言えない。条例が恣意的に運用されるかもしれない。

次に、日本人が外国人に対してヘイトスピーチを行った場合には罰せられるが、反対に、外国人が日本人にヘイトスピーチを行った場合は罰せられることはない。日本人が外国人に対し、自由な発言ができなくなる可能性がある。

 

現在、多くの国で、移民の人権を過度に尊重し過ぎたため、自国民に対する逆差別が発生している。特に、ヨーロッパは深刻だ。 

賛否の前に...

移民が増えたヨーロッパがどうなってしまったか。調べてみてから判断してほしい。

 

 

【広告】