素人が新聞記事書いてみた

新聞記事を書いているつもりでブログを書いています。

【広告】

手足口病、流行警報の基準超える、過去10年で最多ペース

手足口病(てあしくちびょう)の患者数が、流行の警報を出す基準を超えていることが、国立感染症研究所の調査で2日わかった。

 

国立感染症研究所によると、全国約3000の小児科医療機関から報告があった患者総数は、6月17~23日の1週間で1万6417人だった。1医療機関あたり5.18人となり、流行の警報が出される基準である5人を超えた。

都道府県別では多い方から、福岡(17.33人)、福井(15.26人)、佐賀(13.17人)、鳥取(11.84人)、高知(10.07)と続いた。24府県で、流行の警報が出される基準を超えた。

大阪(9.15人)、東京(2.73人)。

西日本で感染拡大が目立つ。

 

手足口病は毎年7月中~下旬にピークを迎える。

今年は過去10年で最多のペースであり、厚生労働省などが注意を呼び掛けている。

 

f:id:newspaper-ama:20190703104516j:plain

幼児の手に「手足口病」が発生した状態、出典:Wikipedia

 

手足口病とは、「コクサッキーウイルスA16」などの感染により発生する、ウイルス性疾患である。その名のとおり、手足の先や口の中・周囲などに、水疱が現れる。

4歳くらいまでの乳児や幼児によく見られる疾患である。ただし、成人でも発症することはある。

潜伏期間は3~7日ほど。この間に、以下のような症状が発生することがある。

手足口病の発症前によく現れる症状

口内炎ができている

・口の中が痛く、熱がある

・原因不明の発疹が手足などに見られる

・風邪の前触れのような悪寒がある

・全身がだるい

・関節痛や筋肉痛を感じる

 

手足口病の原因となるウイルスは、「コクサッキーウイルスA16」が最も多い。他に「エンテロウイルス71」などもある。

これらのウイルスは高温・高湿度で活動的になるため、暑い時期に流行しやすい。日本でのピークは7月中~下旬ころ。

感染経路は、感染者の鼻や咽頭からの分泌物、便などによる接触感染が主である。飛沫感染する場合もある。ウイルスというのは、口から体内に侵入するケースが圧倒的に多い。

手足口病の主な予防法

・手洗い・うがいを行う

・睡眠をしっかりとり、疲れをためない

・長時間の日焼けは避ける

手足口病を発症している人と、箸やタオルなどを共有しない

 

手足口病そのものを治す治療法は存在しない。

基本的には対処療法(病気の原因を無くすのではなく症状を軽減する治療法)が行われる。水疱の痛みを軽減させたり、脱水をコントロールするために、薬や点滴などによる治療が行われる。

 

手足口病の対策として、特別にできることはない。しかし、一般に周知されている感染症予防はした方がいい。

家に帰ったら、手洗い・うがいをする。そして、早めに就寝して疲れをためない。病気かなと思ったら、早めに医療機関の診察を受ける。

自分は大丈夫という根拠のない思い込みをすると、取り返しのつかない結果を招くこともある。

 

【広告】