素人が新聞記事書いてみた

新聞記事を書いているつもりでブログを書いています。

【広告】

令和元年参議院議員通常選挙、与党が改選過半数を獲得、改憲勢力は3分の2割れ

第25参議院議員通常選挙が21日、投開票された。

 

与党の自民、公明両党は改選定数124の過半数を獲得した。

自公に日本維新の会などを合わせた憲法改正に前向きな「改憲勢力」は、国会発議に必要な3分の2議席(非改選議席と合わせ164議席)には届かなかった。

 

全国に32ある改選定数1の「1人区」では、自民党が22勝、野党が10勝で、自民党が勝利した。

 

自民党は57議席を獲得し、新勢力は113議席。公示前より9議席少なくなった。

野党では立憲民主党が躍進、17議席を獲得し、新勢力は32議席と8議席増やした。

日本維新の会議席を増やし、国民民主党日本共産党は減らした。

諸派では、れいわ新選組が2議席NHKから国民を守る党が1議席を獲得した。

 

f:id:newspaper-ama:20190722094941p:plain

第25参議院議員通常選挙の結果と新勢力、作成:素人が新聞記事書いてみた

 

参議院議員の任期は6年で、3年ごとに半数を改選する(日本国憲法第46条)。

今回の改選数は124議席である。非改選の121議席と合わせ、参議院は計245議席

憲法改正の発議には3分の2以上の164議席が必要。

 

安倍総理自民党総裁)は国政選挙に6連勝し、国民の信任を得た。

9月には内閣改造や党役員人事を実施し、憲法改正や消費増税対策を見据えた布陣をとるとみられる。

自民、公明両党で改選過半数を獲得し、かつ、参議院でも両党で過半数を占めていることから、政権運営に支障はない。

野党である日本維新の会が政策的に近く、協力的なのもプラス材料だ。

ただ、自民党参議院での単独過半数を失ったため、今後は連立を組む公明党に配慮した政権運営となる。

 

改選勢力は3分の2割れとなり、安倍総理が言う令和3年(2021年)9月までに憲法改正国民投票が行われるかは微妙な情勢。

護憲勢力ではあるが国民民主党などには改憲に賛成の議員もいる。安倍総理が野党と接近する可能性は十分にある。

 

総務省は22日、参院選の選挙区の投票率が48.80%だったと発表した。

補選を除く国政選挙で、投票率が5割を切るのは戦後2回目。平成7年(1995年)参院選の44.52%に次ぐ低さだった。

国民が選挙に行かないようでは、良い国はつくれない。

 

【広告】