素人が新聞記事書いてみた

新聞記事を書いているつもりでブログを書いています。

【広告】

香港市民、5つの要求&170万人デモ=警察の暴力にも抗議

香港島中心部のビクトリア公園で18日、民主派団体「民間人権陣線」の主催による「香港市民の5つの要求」を求める集会が開かれた。

香港市民の5つの要求

①「逃亡犯条例」改正案の完全撤回

②警察と政府の市民活動を「暴動」とする見解の撤回

③デモ参加者の逮捕、起訴の終止

④警察の暴力的制圧の責任追及と外部調査実施

⑤民主的選挙の実施

情報元:周庭 Agnes Chow Ting on Twitter

 

f:id:newspaper-ama:20190819090010j:plain

傘を差しデモをする香港市民、出典:周庭 Agnes Chow Ting on Twitter

 

集会場所となったビクトリア公園とその周辺には、主催者発表170万人(警察発表12万8000人)が集まった。

警察当局はなぜかデモ行進を許可しなかったが、集会から大規模なデモ隊が派生、周囲は埋めつくされた。

 

香港では100万人を超える大規模デモが2回起きている。

6月9日には主催者発表103万人(警察発表24万人)のデモ。

6月16日には香港史上最大の主催者発表約200万人(警察発表33万8000人)のデモ。

 

 

香港の一連のデモは、支那本土への犯罪容疑者の引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改正案に反対するために始まった。

現在の香港政府は事実上、支那共産党の傀儡政権である。

同改正案が成立すれば、香港では自由な発言ができなくなる。このため、香港市民は命懸けでデモを行っている。

 

焦った香港政府と支那共産党は、力で鎮圧にのりだした。

香港警察がデモ隊に対して暴力を振るい始めたのだ。

しかし、香港市民は負けずに集会やデモを行っている。今回の集会でも、警察の暴力に対して、責任追及と外部調査を要求している。

 

今月11日には、警察が発砲したビーンバッグ弾で女性が右目を負傷。失明の危機にあるという。

 

 

香港では今、本物の人権弾圧が行われている。

日本には「人権派」といわれる人達がいる。

しかし、彼らの多くは香港警察の非人道的な行為を非難していない。

 

香港デモの本質は、侵略者に対する市民の抵抗である。

 

【広告】