素人が新聞記事書いてみた

新聞記事を書いているつもりでブログを書いています。

【広告】

トヨタとスズキが資本提携、国内自動車メーカー3陣営に集約

トヨタ自動車とスズキは28日、資本提携に関する合意書を締結した。

トヨタは、スズキが実施する第三者割当による自己株式の処分により、スズキの株式4・94%(総額960億円)を取得する。

スズキは、市場買付により、トヨタの株式480億円相当(推定0・2%)を取得する。

情報元:トヨタとスズキ、資本提携に関する合意書を締結 | コーポレート | グローバルニュースルーム | トヨタ自動車株式会社 公式企業サイト

 

トヨタ自動車株式会社

設立:昭和12年(1937年)

本社:愛知県豊田市

連結売上高:30兆2256億円(平成31年3月期)

連結販売台数:1059万台(平成30年)

連結従業員数:37万870人(平成31年3月31日現在)

 

スズキ株式会社

設立:大正9年(1920年

本社:浜松市

連結売上高:3兆8714億円(平成31年3月期)

連結販売台数:333万台(平成30年)

連結従業員数:6万7721人(平成31年3月31日現在)

 

f:id:newspaper-ama:20190829095624p:plain

トヨタ自動車の主な出資関係、作成:素人が新聞記事書いてみた

 

平成30年の世界販売台数第1位はフォルクスワーゲン(独)で1083万台。2位は「ルノー(仏)・日産・三菱自動車」連合の1075万台。

3位がトヨタ(小会社のダイハツと日野を含む)で1059万台だった。

トヨタは、マツダやスバルなど連結対象ではない出資先を加えると約1300万台。更に、スズキも加える約1600万台を超える。

 

現在、日本の自動車製造メーカーは40数社ある。

今回の資本提携により、「トヨタ中心のグループ」「日産・三菱自動車」「ホンダ」の3陣営への集約が鮮明になった。この9社で市場売上の9割以上を占めることになる。

 

 

近年、世界的に自動車メーカーの合併や資本提携が盛んだ。

最大の理由は研究開発費の増大である。令和2年3月期、トヨタの研究開発費は1兆1000億円ほどになる見込みだ。スズキも1700億円だ。

自動車は年々進化しており、1社でそれを賄うのは難しくなってきている。

 

自動車産業は基幹産業である。

日本企業が外国企業に負けるようなことがあってはならない。多くの日本人の生活に影響する。

大袈裟と言われるかもしれないが、外国からの乗っ取りにも注意が必要だ。気がつけば従業員はC国人ばかりという事もないとはいえない。

もちろん、技術盗用や情報漏洩にも十分に注意を払う必要がある。

 

実は、企業活動というのは戦争に似ている。奪い合うものが、金か、領土かだけの違いだ。

 

【広告】