素人が新聞記事書いてみた

新聞記事を書いているつもりでブログを書いています。

【広告】

アフリカ開発会議閉幕、「横浜宣言」採択、支那を牽制

第7回アフリカ開発会議(TICAD〈ティカッド〉7)は30日、成果文書「横浜宣言」を採択して閉幕した。

文書には「自由で開かれたインド太平洋」構想が初めて明記された。

 

アフリカ開発会議とは、アフリカの開発をテーマとする国際会議である。日本が主導し、連合国(国連)やアフリカ連合委員会(AUC)などと共催する。

1993年に初めて開催された。2013年までは5年ごと、それ以降は3年ごとに行われている。2016年には初めてアフリカ・ケニアで開催された。

第7回となる今回は、2019年8月28~30日、横浜市で開催された。

 

f:id:newspaper-ama:20190831084249j:plain

第7回アフリカ開発会議で記念撮影をする各国首脳、出典:首相官邸ホームページ

 

横浜宣言のポイントは以下のとおり。

・借り入れ国の返済能力に配慮することなどを求めた「質の高いインフラ投資に関するG20原則」を歓迎

・「自由で開かれたインド太平洋」構想を好意的に留意

・アフリカの経済構造転換を促進

安全保障理事会を含む連合国(国連)組織を早急に改革する決意を再確認

情報元:横浜宣言2019 | 外務省

 

上記ポイントのうち、上2つは明らかに支那を牽制したものである。

 

f:id:newspaper-ama:20190831100555j:plain

ナイジェリアのムハンマド・ブハリ大統領と握手する安倍総理、出典: 首相官邸

 

アフリカ諸国が抱える最大の懸念は、過剰債務問題である。

支那から多額の融資受けた国々が、借金を返せず、債務超過に陥っている。その結果、空港や港などの施設の権利を、支那に明け渡すケースが相次いでいる。

これは昔からある侵略の手口だ。

 

「自由で開かれたインド太平洋」構想は日米が進めているもので、法の支配を重視し、海洋秩序の維持を図るものである。

これも支那の海洋進出を牽制している。

 

支那にとって、安倍内閣は「目の上のたんこぶ」といえる。

日本国内の反日勢力が安倍総理を目の敵にするのも、これが最大の理由である。

 

【広告】