素人が新聞記事書いてみた

新聞記事を書いているつもりでブログを書いています。

【広告】

【皇紀】2679年9月11日

今日は米国同時多発テロ事件が起きた日だ。

 

米国同時多発テロ事件とは、平成13年(2001年)9月11日、アメリカ合衆国で同時多発的に実行されたテロ攻撃の総称である。

容疑者はアルカイダイスラム過激派指導者オサマ・ビン・ラディンが築いた国際的なテロ支援組織である。

旅客機4機がアラブ系のグループにより、ほぼ同時にハイジャックされた。2機が、当時世界一の高さを誇ったニューヨークの世界貿易センター・ツインタワービルに、それぞれ突っ込んだ。さらに1機は国防総省に激突し、もう1機はペンシルベニア州で墜落した。

一連のテロ攻撃による死者は2996人(被害者2,977人、実行犯19人)、負傷者は6291人以上。経済的被害は100億ドル以上とされる。

 

f:id:newspaper-ama:20190911091756j:plain

旅客機の衝突で炎上する世界貿易センター・ツインタワービル、原典:Wikipedia

 

平成13年(2001年)9月11日朝(現地時間)、モハメド・アタをリーダーとする実行犯により、4機の旅客機が次々とハイジャックされた。

彼らの一部は、民間の航空学校で小型機の自家用操縦免許を取得していた。その後、ハイジャックする機体の操縦方法を、事前にフライトシミュレータで訓練していた。

 

アメリカン航空11便は午前8時頃、乗客81名・乗員11名を乗せ、ローガン国際空港を離陸し、ロサンゼルス国際空港に向かった。

午前8時14分頃、ハイジャックされてコックピットを乗っ取られた。

午前8時46分、ニューヨークの世界貿易センター・ツインタワー北棟(110階建)に突入し爆発炎上した。機体の残骸はほとんど原形を留めていなかった。

 

ユナイテッド航空175便は午前8時14分、乗客56名・乗員9名を乗せ、ローガン国際空港を離陸し、ロサンゼルス国際空港に向かった。

午前8時42分頃、同機のパイロットは無線で管制官と連絡をとった。それから午前8時46分までの間に、175便もハイジャックされ、コックピットを乗っ取られた。

午前9時3分、世界貿易センター・ツインタワー南棟(110階建)に突入し爆発炎上した。

南棟では多くの人が非難していたため、人的被害は北棟に比べ少なかった。しかし、衝突による構造へのダメージは大きかったため、北棟より先に崩壊した。

ただし、世界貿易センター・ツインタワーの崩壊に関しては、旅客機の突入が直接の原因ではないという見解もある。

 

www.youtube.com

 

アメリカン航空77便は8時20分、乗客58名・乗員6名を乗せて、ダレス国際空港(ワシントンD.C.)を出発した。

午前8時50分頃までに、ハイジャックされコックピットを乗っ取られた。

午前9時38分、バージニア州アーリントンにあるアメリカ国防総省本庁舎(ペンタゴン)に激突し、爆発炎上した。高速で建築物に激突・炎上したため、機体の残骸はほとんど原形を留めていなかった。

 

ユナイテッド航空93便は午前8時42分、乗客37名(日本人1名を含む)・乗員7名を乗せて、予定より30分遅れてニューアーク空港を出発した。

午前9時27分、ハイジャックされコックピットを乗っ取られた。

午前9時57分、機内電話や携帯電話による外部との連絡で、ハイジャックの目的を自爆テロと認識した乗客が機の奪還に乗り出す。

午前10時3分、同機は時速約900kmの速度でペンシルベニア州ピッツバーグ郊外シャンクスヴィル(ワシントンD.C.北西240kmの場所)に墜落した。機体の残骸はほとんど原形を留めていなかった。

標的はホワイトハウスアメリカ合衆国議会議事堂と推測されるが、乗員の抵抗により同機でのテロは防がれた。

 

www.youtube.com

 

この事件を機に、米国はアルカイダアルカイダに支援を行った国への報復を宣言。アフガニスタン紛争やイラク戦争に繋がっていく。

 

こんなことを言うのは気が引けるのだが...

米国は世界で最も恨まれている国である。自らの我を通し、相手が聞き入れなければ戦争や経済制裁を平気でする。この事実は、米国と戦争をした日本は身に染みてわかっている。

米国同時多発テロ事件は、起きるべきして起きたという側面がある。

 

米国の傲慢な態度は、日本とは対照的である。

大東亜戦争終結以降の日本は"牙"を抜かれてしまった。国民は軍隊や武器を極度に嫌い、自衛隊在日米軍がいなくなれば平和になると本気で思っている者もいる。憲法9条により平和が続いていると妄信している者もいる。

その結果、北方領土竹島は戻らず、支那尖閣諸島に侵略してきている。

 

自分のわがままを押し通す米国と、相手のことを考え過ぎる日本。

どちらがいいのだろうか?

筆者は両国の中間くらいがいいと思う。

 

米国同時多発テロ事件のような悲劇を二度と起こさないためにも、米国政府には改めて欲しい部分がある。

悪いことをすれば必ずその報いを受ける。人間だけでなく国家も同様である。

 

【広告】