素人が新聞記事書いてみた

新聞記事を書いているつもりでブログを書いています。

【広告】

慶應など、お母さんの「語りかけ」は新生児の意思疎通能力を強める

慶應義塾大学中央大学首都大学東京の研究グループは、生後2~7日の新生児が母親の「語りかけ」を聞くことで脳機能結合が強まるという実験結果を発表した。

特に左脳前後の言語回路や右脳前後の声の認識に関わる回路、つまり意思疎通(コミュニケ―ション)機能に関わる回路が強まるという。

 

f:id:newspaper-ama:20190909060708p:plain

赤ちゃんを抱っこする母親のイラスト、出典:いらすとや

 

近年、脳科学の進歩により、乳児の脳機能はこれまで考えられていた以上に発達していることが明らかになりつつある。

しかし、新生児の言語回路については、まだ充分に発達していないと考えられてきた。

 

f:id:newspaper-ama:20190909070717p:plain

「母親の声」と「他者の声」を聞いた時の新生児の脳機能結合、原典:ScienceDirect

 

同研究グループは、胎児期に日本語環境にいた新生児37名(生後2~7日、平均4・5日)に対し、「母親の声」と「他者(他新生児の母親)の声」で「語りかけ」をした際の脳の状態を近赤外分光法(NIRS)で計測した。

NIRSとは、近赤外光を頭皮上から照射し、脳を通って再び頭皮に戻る散乱光を検出することにより、血液中のヘモグロビンの変化を測定するものである。脳の活性化状態がわかる。

 

測定の結果、「母親の声」では「他者の声」より多くの脳部位で強い反応が見られた。特に左脳前後の言語回路や右脳前後の声の認識に関わる回路、つまりコミュニケ―ション機能に関わる回路で強く反応した。

 

今回の研究により、新生児は胎児期からすでに「母親の声」により母国語を学習しており、「他者の声」も認識していることがわかった。乳児期での母親による「語りかけ」の重要性が脳科学的に証明された。

今後は特定の養育者についても調べる予定で、現在は「父親の声」について調査しているという。

 

情報元:【Developmental Cognitive Neuroscience】Maternal speech shapes the cerebral frontotemporal network in neonates: a hemodynamic functional connectivity study

 

子供にとって母親は最も大切な存在である。

 

【広告】