素人が新聞記事書いてみた

新聞記事を書いているつもりでブログを書いています。

【広告】

JR東日本、男女の制服を統一=スカート廃止、令和2年5月より

JR東日本は8日、駅員や車掌らが着る接客制服を、令和2年5月に一新すると発表した。

現在は男女で別々となっている制服を、同じものに統一する。女性用のスカートやリボンタイも廃止される。

対象は約3万人。

同社が接客制服が変更するのは、平成14年(2002年)12月以来17年ぶり。東京五輪パラリンピックの開催を機に一新することを決めたという。

 

f:id:newspaper-ama:20191010070203p:plain

JR東日本の新しい接客制服、両脇は駅長・区所長用、中はその他接客員用、原典:JR東日本

 

JR東日本によると、お客さまに「安心」「信頼」を感じていただくとともに、社員がより快適に着用でき、誇りを持てる制服がコンセプト。

 

特徴は、「正統」と「品格」を表すダークネイビーを基調に、アクセントとして上衣の襟にグレーのラインを採用した。

性別による制服の違いをなくし、男女ともに同色・同素材のシャツや上着、ネクタイを着用することとする。現在採用している女性用のスカートやリボンタイは廃止する。

ネクタイは3種類のなかから、制帽は「官帽型」と「チロリアン(ハイバック)型」から、各自が自由に選択できる。

お客さまからも職制が分かるよう、駅長・区所長は上衣の袖のラインが2本、その他は1本とする。また、制帽については職制で5種類に区分する。

 

新制服は資源環境の取組みの一環として、環境に配慮した生地を使用。

社員が快適に着用できるよう、伸縮性の向上と軽量化もされている。

 

情報元:接客制服のリニューアルについて | JR東日本

 

f:id:newspaper-ama:20191010074528p:plain

JR東日本の新しい接客制服(クールビズ)、原典:JR東日本

 

新しく採用される接客制服について、JR東日本の深沢祐二社長は「男女の性差をなくすことを意識して決めた」と説明した。

 

近年、各職場や学校において、制服の男女統一化が進んでいる。

JR西日本も平成29年4月に制服をリニューアルした際、男女別の制服は残したが、女性のスカートは廃止している。

 

男女の性差を無くすことは良いことなのだろうか?

 

筆者は良いこととは思えない。

男女にはそれぞれに役割がある。スカートが不要ならその廃止のみ行い、今ある男女それぞれの制服まで統一する必要はない。

自然と長い時間をかけできた性別による役割を、壊すべきではないと思う。

 

【広告】