素人が新聞記事書いてみた

新聞記事を書いているつもりでブログを書いています。

【広告】

八ッ場ダム、台風で水位54m上昇、下流域の水害は軽減

八ッ場(やんば)ダム(群馬県長野原町)の水位が、令和元年台風19号の大雨により、54メートルも上昇した。今月1日から貯水を始めたばかりだった。

 

八ッ場ダムのおかげで下流域の水害は軽減された。

八ッ場ダムがなかったら、群馬県が終わっていたという声もあがっている。

 

 

関東地方整備局によると、八ッ場ダムは令和2年春の本格的な運用を前に、実際に水を貯めてダムの安全性を確認する試験をしていたという。

令和元年台風19号の影響により、長野原観測所では10月11日2時~13日5時の間に累加347ミリメートル降雨を観測した。

この降雨により、ダムは総貯留量約7500万立方メートルを貯め込んだ。

貯水池は518・8メートルから573・2メートルまで、約54メートル水位が上昇した。

情報元:令和元年台風19号における八ッ場ダムの試験湛水状況について | 記者発表 | 国土交通省 関東地方整備局

 

f:id:newspaper-ama:20191014114721j:plain

八ッ場ダム(令和元年10月14日午前10時頃)、原典:八ッ場ダム工事事務所

 

八ッ場(やんば)ダムは、平成4年長野原町で、平成7年に吾妻町(現東吾妻町)で建設に係る基本協定が締結され、建設事業が開始された。

平成21年、鳩山内閣の前原国土交通大臣が、突然、八ッ場ダムの建設中止を明言した。これは、地元住民や関係市町村、共同事業者である1都5県の意見を聞くことなく、内閣が一方的に判断したものだった。

平成23年、野田内閣の前田国土交通大臣は、国交省政務三役会議において「八ッ場ダムの建設継続」を決定した。

平成28年からコンクリート打設(固まっていないコンクリートを枠に流しこむこと)を開始し、令和元年6月12日に打設完了式を開催した。

そして、令和元年10月1日から試験のための貯水を初めていた。

 

八ッ場ダムは政治に翻弄されたダムである。

もし打設完了が遅れていたら...

 

ダムの目的は、灌漑(かんがい)や上水道供給、工業用水供給、水力発電などの利水だけではない。洪水調節や農地防災、河川維持用水などの治水もある。

つまり、ダムは安全保障上必要なのだ。

この事実を知っていると、ダムが必要か否かの判断も変わってくる。

 

【広告】