素人が新聞記事書いてみた

新聞記事を書いているつもりでブログを書いています。

【広告】

天皇陛下、「即位礼正殿の儀」で御即位をご宣明

天皇陛下は令和元年10月22日、皇居・宮殿「松の間」で「即位礼正殿の儀」を行い、御即位を国内外にご宣明になられた。

即位礼正殿の儀は国事行為で、天皇陛下の御即位を広く披露するための「即位の礼」の中心儀式にあたる。

儀式には、皇族方や三権の長、知事に加え、191の国や国際機関の代表者など1999人が参列した。

 

f:id:newspaper-ama:20191023080337p:plain

「即位礼正殿の儀」で御即位をご宣明になられる天皇陛下、原典:YouTube

 

即位礼正殿の儀は午後1時5分、宮殿「松の間」で始まった。

和楽器・鉦(しょう)の合図で参列者が起立すると、玉座「高御座(たかみくら)」と隣の「御帳台(みちょうだい)」の帳(とばり)が開かれた。

両陛下がお出ましになり、天皇陛下は高御座、皇后陛下は御帳台までお昇りになられた。この時の経路は、平成期は参列者の前の廊下を通ったが、今回は昭和期までの経路に戻した。参列者からは見えにくい経路のため、参列者に配慮し30台のモニターを設置した。

三種の神器のうち天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)の複製品と八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)、国の印章「国璽(こくじ)」、天皇の印「御璽(ぎょじ)」が、高御座の「案(あん)」と呼ばれる台に安置された。

 

高御座と御帳台の幕がそれぞれ開かれると、天皇陛下は重要な儀式の際に着用する「黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)」、皇后陛下十二単のお姿。

準備が整うと、天皇陛下は「おことば」をお述べになられた。

 

www.youtube.com

 

天皇陛下のおことば(令和元年10月22日)

 さきに、日本国憲法及び皇室典範特例法の定めるところにより皇位を継承いたしました。ここに「即位礼正殿の儀」を行い、即位を内外に宣明いたします。

 上皇陛下が三十年以上にわたる御在位の間、常に国民の幸せと世界の平和を願われ、いかなる時も国民と苦楽を共にされながら、その御心(みこころ)を御自身のお姿でお示しになってきたことに、改めて深く思いを致し、ここに、国民の幸せと世界の平和を常に願い、国民に寄り添いながら、憲法にのっとり、日本国及び日本国民統合の象徴としてのつとめを果たすことを誓います。

 国民の叡智(えいち)とたゆみない努力によって、我が国が一層の発展を遂げ、国際社会の友好と平和、人類の福祉と繁栄に寄与することを切に希望いたします。

引用:宮内庁

 

天皇陛下のおことばの後、安倍晋三総理が「寿詞(よごと)」と呼ばれる祝辞を述べ、万歳三唱をした。

参加者も唱和し、即位礼正殿の儀は午後1時35分に終わった。

 

両陛下は同日夜、皇居・宮殿で、主に海外からの来賓を招いた「饗宴の儀(きょうえんのぎ)」にもご臨席になられた。饗宴の儀は計4回(10/22、25、29、31)行われる。

11月10日にはパレード「祝賀御列の儀」が予定されている。

 

11月14、15日には、大嘗祭(だいじょうさい)が行われる。天皇皇位継承に際して行う祭祀で、国家と国民のため、五穀豊穣を皇祖天照大神及び天神地祇に感謝し、祈念する。

大嘗祭は国事行為ではないが、即位礼正殿の儀と同等に非常に重要な儀式である。

 

即位礼正殿の儀が滞りなく済んで、筆者は安堵している。

祝賀御列の儀や大嘗祭なども無事に済んでもらいたいものである。

 

【広告】