素人が新聞記事書いてみた

新聞記事を書いているつもりでブログを書いています。

【広告】

東京ディズニーシー、入園時に金属探知・X線検査を開始

オリエンタルランドは1日、東京ディズニーランド東京ディズニーシーの入園口(エントランス)に、金属探知ゲートやX線検査機などを導入すると発表した。

現在、これらのテーマパークへ入園する際には目視による手荷物検査を実施しているが、来場者がより安全に楽しめるようにするための措置だという。

 

翌2日、東京ディズニーシー「メインエントランス・ノース」の一部で、金属探知ゲートとX線検査機による検査の試験運用を開始した。

入園には、今までより少しだけ時間を要するという。

今後は順次拡大していくとしているが、警備上の理由から、台数や設置完了時期などの詳細は明らかにしていない。

 

f:id:newspaper-ama:20191102080332p:plain

金属探知ゲート(左)とX線検査機(右)のイメージ、原典:株式会社オリエンタルランド

 

東京ディズニーシーで開始された検査は、空港の保安検査所で搭乗者が受ける検査とほぼ同じもの。

金属探知ゲートは、電磁誘導を利用して金属の有無を探知することができる。拳銃やナイフなどの金属製武器を所持していれば反応する。なお、心臓ペースメーカーや植え込み型除細動器(ICD)は、電磁波により誤作動が発生する場合がある。

X線検査機は、基本的にはレントゲン撮影と同じ原理のもので、物を透かして中の様子を見ることができる。X線を細いビーム状にして被検査品に照射し、異物とそれ以外のものを自動判別する。金属はもちろん、石やガラス、骨、硬質ゴムなどを検出することができる。

 

このような検査は平成13年(2001年)の米国同時多発テロ以降、空港や人が集まる場所などで行われるようになった。

2020年東京五輪パラリンピックを来年に控え、テーマパークの安全性を宣伝する狙いがあるとみられる。

安全は最優先されなければならない。

 

【広告】