素人が新聞記事書いてみた

新聞記事を書いているつもりでブログを書いています。

【広告】

スペイン総選挙、極右「Vox」第3党=自国第一主義

スペインで10日、今年2度目の総選挙(下院、定数350)が行われた。

新興の極右・ボックス(Vox)が4月の選挙の倍以上の議席を獲得し、第3党となった。

第2党の中道右派・国民党も議席を伸ばした。

一方、サンチェス首相率いる中道左派社会労働党は、第1党を維持したものの議席を減らした。

スペイン世論は「自国第一主義」が強まってきた。

 

スペイン総選挙(定数350)
主な政党の獲得議席
カッコ内は改選前議席数、上ほど左派

ポデモス  35(35)

社会労働党120(123)

市民    10(57)

国民党   88(66)

Vox     52(24)

 

f:id:newspaper-ama:20191112163627j:plain

ボックス(Vox)のサンティアゴ・アバスカル党首、出典:Wikipedia

 

ボックス(Vox)は、中道右派・国民党の元党員らが中心となって、平成25年(2013年)に設立された政党。現在はサンティアゴ・アバスカル氏が党首。

政策は保守的。不法移民やカタルーニャ州の独立に反対の立場を取っている。更に、同性婚の廃止や伝統的行事の重要性も訴えている。

同党は今年4月の総選挙で、初めて国会の議席を獲得した。そして、今回の選挙で改選前の24議席を大きく上回り、52議席を獲得(得票率は15%)。国政第3党に躍進した。

 

Voxのアバスカル党首は10日夜、マドリードにある同党本部で支援者を前に、「皆さんが政治的偉業の主役だ」と笑顔で勝利宣言をした。

スペインは現在は左派政権だが、同党の躍進により、今後、求心力を失っていくのは濃厚。今後、スペインの政局は不安定になるとみられる。

 

未来のことはわからないが、Voxが第1党になる可能性は十分にある。

自国第一というのは本来は当たり前のことだ。もちろん、他国に迷惑をかけてはいけないが。 

この流れは今後、世界の潮流となっていくだろう。左派政党には厳しい時代がやってくる。

世界政治は、グローバル化の時代から、米支の新冷戦へと移り変わっている。

【広告】