素人が新聞記事書いてみた

新聞記事を書いているつもりでブログを書いています。

【広告】

任天堂、「Nintendo Switch」支那で10日発売、3度目の挑戦

任天堂は4日、家庭用ゲーム機「Nintendo Switchニンテンドースイッチ)」を支那で12月10日より発売すると発表した。

販売は、同社が正規販売代理店契約を結んでいる世界最大のゲーム会社・騰訊控股(テンセント)が行う。

希望小売価格は2099元(約3万2000円)。

情報元:ニュースリリース : 2019年12月4日 - 中国でのNintendo Switchの発売について|任天堂

 

任天堂支那進出は今回が3度目である。

過去2回は失敗している。

 

f:id:newspaper-ama:20191205075100j:plain

Nintendo Switch、左側が「Joy-Con」(L) (R)、右側が「本体」を「Nintendo Switch ドック」に入れた状態、出典:Wikipedia

 

Nintendo Switchニンテンドースイッチ)とは、平成29年(2017年)3月3日に任天堂から発売された家庭用据え置き型ゲーム機である。日本での希望小売価格は2万9980円(税別)。

本体はタブレット端末である。

これに脱着可能なコントローラー「Joy-Con」(L) (R)のふたつと、電源・HDMI出力機能を備えたスタンド「Nintendo Switch ドック」を組み合わせて遊ぶ。

 

テレビなどの外部モニターと接続された「Nintendo Switch ドック」に本体をセットすることで、モニターに映像が出力され、据え置き機のように遊ぶ事ができる。

Nintendo Switch ドック」から本体を取り出し、「Joy-Con」を端末の両端に接続することで、携帯機として遊ぶこともできる。

当然、ネット接続が可能だ。

 

www.youtube.com

 

Nintendo Switch は、平成26年(2014年)以降に発売されたゲーム機のなかで、世界一の販売台数を誇る。

任天堂によると、Nintendo Switch とその姉妹機でテレビなどに接続する機能を省いた「Nintendo Switch Lite」の販売台数は、令和元年(2019年)9月末時点で4167万台。先月、11月3日には国内における販売台数が1000万台を超えた。

日本企業のゲーム機は、国内より海外で多く販売されている。

 

オランダの調査会社ニューズーによると、令和元年(2019年)の世界全体のゲーム市場の規模は推定1521億ドル。

トップの米国は369億ドル、2位の支那は365億ドル(約4兆円)に達する見通し。

支那のゲーム市場の規模は今後更に拡大が予想されており、近い将来、世界一になることはほぼ確実。

 

www.youtube.com

 

支那のゲーム市場は他国と比べ、決定的な違いがある。スマホやパソコンによるオンラインゲームが主流なのだ。家庭用ゲーム機のシェアは1%もない。

支那政府は平成12年(2000年)、支那において家庭用ゲーム機の販売を表面上、禁止した。ただし、例外措置があるため実際に販売は可能だったが。任天堂も2回、販売を行っている。

平成27年(2015年)、販売禁止は解除された。

 

ゲーム機を販売する企業にとって、支那はハイリスク・ハイリターンの市場である。

ほぼ手つかずの巨大市場がある反面、人民に受け入れらえるかは未知数だ。更に、支那独裁国家であるため、民主主義国家では想定外の事態が起きる可能性もある。

 

任天堂支那で成功するか否かはわからない。ただ、過去2回より良い条件は揃ってはいる。

成功した場合「任天堂支那政府の代弁者となり、反日行為をするかも?」と筆者は邪推してしまう。考え過ぎかもしれないが。

企業にとっての正義は『金もうけ』である。

 

【広告】