素人が新聞記事書いてみた

新聞記事を書いているつもりでブログを書いています。

【広告】

大阪大学、精子が持つ「電気信号」を感じる特殊な仕組み解明

大阪大学の河合喬文(かわい たかふみ)助教、岡村康司(おかむら やすし)教授らの研究グループは、マウスを用いて、精子が持つ「電気信号」を感じる特殊な仕組みを解明した。

精子は「電気信号」を感じることで、細胞内の酵素活性が上昇する。

 

f:id:newspaper-ama:20191209104757j:plain

卵子(右下)に到達した精子、出典:Wikipedia

 

「脳波」や「心電図」に代表されるように、私たちの身体では至るところで「電気信号」が生成されている。

また、このような「電気信号」の感知システムは全ての細胞で共通しているものと考えられている。

 

f:id:newspaper-ama:20191209105812j:plain

精子が「電気信号」に応じて運動性を制御する仕組み、原典:大阪大学

 

今回研究グループは、精子が他の細胞とは異なる独自の「電気信号」を感じるシステムを備えており、更に、これが精子の運動機能に重要であることを解明した。

 

「電気信号」を感じると、通常の細胞ではイオンの流れが生じる。

しかし、精子では細胞内の酵素活性の変化をもたらす機構が働いていることがわかった。

 

この研究結果は、過去の教科書で常識と考えられてきた「電気信号」の有り様を覆すものである。

同時に、将来的には不妊治療への応用にも期待される。

 

情報元:Polarized PtdIns(4,5)P2 distribution mediated by a voltage-sensing phosphatase (VSP) regulates sperm motility | PNAS

 

実は、人体において今だに不明なことは多い。

これらを解明していくことにより、人類は健康的で快適な生活ができるようになっていく。その道はまだ遥かに遠いが。

 

【広告】