素人が新聞記事書いてみた

新聞記事を書いているつもりでブログを書いています。

【広告】

【皇紀】2679年12月20日

今日は韓国海軍レーダー照射事件が起きた日だ。

 

f:id:newspaper-ama:20191220005737j:plain

海上自衛隊の哨戒機「P-1」、出典:海上自衛隊 〔JMSDF〕 オフィシャルサイト

 

f:id:newspaper-ama:20191219220411j:plain

韓国海軍の駆逐艦「広開土大王」、出典:Wikipedia

 

韓国海軍レーダー照射問題とは、平成30(2018)年12月20日午後3時ころ、能登半島沖の日本海で、韓国海軍の駆逐艦「広開土大王(クァンゲト・デワン)」が、海上自衛隊の哨戒機「P-1」に対して火器管制レーダーを照射した事件である。

火器管制レーダーの照射は、ミサイルや主砲など、火器の使用に先立って実施する行為である。国際法上、武器使用に準ずる行為とされている。

 

日本政府は「哨戒機に対するレーダー照射があった」と一貫して主張している。

韓国政府は当初「哨戒機を追跡する目的ではない」「北朝鮮の遭難船のためにレーダーを稼働したのを日本側が誤解した」などとしていたが、しばらくすると「レーダー照射はしていない」と主張を変えた。

 

また、韓国政府は同国海軍艦艇に、日本の海上自衛隊機が低空飛行で接近し「威嚇飛行」を行ったと主張した。

日本政府はこれを完全に否定した。

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

防衛省自衛隊の対応の正当性を示すため、哨戒機が現場で撮影した映像を YouTube に公開した。

これに対して、韓国国防部も反論動画を YouTube に公開した。

韓国側の動画は大半が自衛隊が公開した映像を使用しており、BGMが異様な感じのものであった。サムネイルでは、日本の哨戒機が韓国の駆逐艦に接近しているように見えるが、これは合成である。

 

韓国の反論動画は、別の意味でネット上で話題となった。筆者も初めて見た時は大爆笑した。

 

f:id:newspaper-ama:20190113184658p:plain

北朝鮮籍漁船と韓国警備救難艦、 情報元:YouTube

 

韓国海軍レーダー照射事件で、重要な点は以下の2つである。

①韓国の船と北朝鮮の船が日本近海にいた。しかも、日本側への通告はなかった。

②日本の哨戒機が接近すると敏感に反応した。

 

現場は能登半島沖。日本の排他的経済水域EEZ)、若しくは、EEZのすぐ外。どちらにしろ、日本の庭といえる海域である。

ここに北朝鮮の漁船がいて、その側に韓国海軍の駆逐艦 「クァンゲト・デワン」と海洋警察庁の警備救難艦 「サンボンギョ 5001」がいた。

韓国側は日本側には通告していなかった。

そして、日本の哨戒機が接近すると、敏感に反応した。

 

韓国側は、北朝鮮漁船の「人道的救助活動」をしていたと主張している。

しかし、EEZにおける捜索救難活動は沿岸国の沿岸警備隊が行うものである。北朝鮮漁船の救助は、本来、海上保安庁が行うものである。その方が早期に救助できる可能性が高い。

 

韓国海軍レーダー照射事件は、韓国の本質がでた事件だと筆者は感じた。

 

【広告】