素人が新聞記事書いてみた

新聞記事を書いているつもりでブログを書いています。

【広告】

【皇紀】2679年12月26日

今日は練馬事件が起きた日だ。

 

練馬事件とは、昭和26(1951)年12月26日に東京都練馬区で発生した、日本共産党員らによる警察官殺害事件である。

 

最高裁判所判例
事件番号 昭和29年(あ)105
事件名 傷害致死、暴行、暴力行為等処罰ニ関スル法律違反、窃盜被告事件
裁判年月日 昭和33年5月28日
情報元:裁判所 | 裁判例情報

 

f:id:newspaper-ama:20191226075002j:plain

練馬事件で犠牲となった印藤巡査、出典:オウマー日記(to 2000.6.19)

 

昭和26(1951)年12月26日午後10時20分頃、練馬警察署旭町駐在所に「道路に行き倒れらしい男が倒れている」という通報があった。

同所勤務の印藤巡査(当時33歳)が現場に向かったが、その後、連絡が途絶えた。心配した妻が別の警察署に通報し、巡査の行方を追った。

翌朝7時頃、旭町の畑道の脇で撲殺された印藤巡査が発見された。所持していた拳銃は奪われていた。

 

同殺人事件は、印藤巡査が管内の製紙会社における労働争議の際、組合員の不法行為に対する検挙への報復だった。

首謀者は日本共産党北部地区軍事委員長・矢島勇(当時26歳)。製紙会社の組合員や学生など計11人による犯行だった。

 

矢島の指示により、他の10人が手分けして巡査をおびきだした。1人が行き倒れを装って畑に横たわっていた。

巡査が近寄り介抱しようとした際、集団で鉄管や棒杭などで殴りつけ、印藤巡査を殺害した。遺体には十数か所の傷があり、致命傷は後頭部の長さ3cm深さの裂傷だった。

 

東京地検は強盗致死罪、傷害致死罪、暴力行為処罰法違反で11人を起訴した。

5人は懲役3年~5年の実刑(首謀者の矢島は懲役5年)、5人は懲役2年6ヶ月~懲役3年・執行猶予4年、1人は無罪となった。

 

日本共産党が練馬事件を"組織的に起こした"という証拠はない。しかし、日本共産党員や労働組合員が起こした事件は多い。

彼らは「人権」とか「権利」とか「平和」など、耳障りの良い言葉をよく言う。

綺麗事をいう人間には気をつけた方がいい。

 

【広告】