素人が新聞記事書いてみた

新聞記事を書いているつもりでブログを書いています。

【広告】

ウイルス及び新型コロナウイルスについて

新型コロナウイルスによる肺炎の患者が、支那で急速に増加している。

支那国家衛生健康委員会は2月3日、同日午前0時時点で、新型コロナウイルスによる肺炎の発症が計1万7205例になったと発表した。うち死者は361人。支那では今後、更に肺炎発症者が増えるとみられる。

情報元:截至2月2日24时新型冠状病毒感染的肺炎疫情最新情况

 

f:id:newspaper-ama:20200127073507p:plain

ロタウイルスの模式図、出典:Wikipedia

 

新型コロナウイルスは「ウイルス」の一種である。

ウイルスとは、粒子の中心にある核酸と、それを取り囲むカプシドと呼ばれるタンパク質の殻から構成された粒子である。

ウイルスは非生物とされている。細胞をもたない。単独では増殖できないため、他の生物の細胞の中に侵入し増殖する。

 

ウイルスと似たものに細菌と真菌(カビ)がある。これらは生物であるため、単独で自己を複製させることができる。

ウイルスの大きさは細菌や真菌より遥かに小さい。細胞膜がなく人の細胞に寄生しているため、薬が効きにくいという特徴がある。 

ウイルスの種類(病原体)はとても多い。一般的呼称として、ノロウイルスロタウイルス、インフルエンザウイルス、麻疹ウイルス、肺炎ウイルス、ヘルペスウイルス、HIVコロナウイルス等がある。更に、これらの中にいくつもの種類がある。

 

f:id:newspaper-ama:20200127105140j:plain

コロナウイルス、出典:Wikipedia

 

コロナウイルスとは、第4群(1本鎖RNA +鎖)のニドウイルス目のコロナウイルス科のウイルス。コロナウイルス亜科、トロウイルス亜科を含む。

太陽のコロナのような外観を持つ。

コロナウイルスにも多くの種類があり、ヒトに感染するものは今までに6種類知られていた。今回、武漢で発見された「新型コロナウイルス」で7種類目となった。

 

コロナウイルスのうち、4種類は風邪のウイルスである。時期により割合は相当変動するが、風邪の10~35%ほどはコロナウイルスが占めている。

残りの二種類は、重症急性呼吸器症候群コロナウイルスSARS-CoV:サーズ)と中東呼吸器症候群(MERS:マーズ)である。

サーズは、クガシラコウモリが自然宿主であると考えられている。支那広東省で平成14(2002)年11月から翌年7月に発生した流行では、致死率9・6%(775/8,069人)だった。

マーズは、ヒトコブラクダに風邪症状を引き起こすウイルスで、ヒトに感染すると重症肺炎を引き起こすと考えられている。平成24(2012)年にサウジアラビアで発見され、致死率は34・4%と報告されている。韓国の病院では、1人から186人に感染が広がった。

1番恐ろしいコロナウイルスはマーズである。

 

f:id:newspaper-ama:20200127132632j:plain

新型コロナウイルスの顕微鏡画像、出典:The Paper 澎湃新闻 on Twitter

 

新型コロナウイルスの名前は「2019-nCoV」。

宿主の動物は現時点では不明。武漢の水産市場から広がったと考えられている。

 

世界保健機関(WHO)は致死率を2~3%と推定。当初の支那の発表ではこれより高かったが、徐々に低下し現在は3%弱。肺炎を発症した場合、約2割は重症となる。持病のある人や高齢者は重症になりやすい。

感染の強さを示す基本再生産数は1・4~2・5。 (Nextstrain.org は1・5~3・5と推定)。

武漢では四次感染の報告があった。武漢での肺炎発症者は医療関係者が多い。何らかの理由で、初期対応が遅れたものとみられる。

 

現在、日本国内の新型コロナウイルスによる肺炎の発症は20数例。

多くが武漢関係者及び支那人だが、武漢渡航歴のない日本人も感染している。

 

ヒトからヒトへの感染が確認されたことで、警戒をした方がいいだろう。過度に神経質になってはいけないが。

現時点では、日本で生活していて感染する可能性は低い。しかし、人の集まるところには行かない方が無難。

新型コロナウイルスの予防は以下のとおりである。基本的にはインフルエンザと変わらない。

新型コロナウイルスの予防

・マスクをする
・手洗いの徹底
・アルコール消毒
・人ごみを避ける
・疲れをためない、睡眠は十分とる
・不調を感じたら医療機関で診察してもらう

 

 

 

【広告】