素人が新聞記事書いてみた

新聞記事を書いているつもりでブログを書いています。

【広告】

慶應・ワシントン大、抗老化候補物質「NMN」の安全を明らかに

慶應義塾大学と米国ワシントン大学の研究グループは、抗老化候補物質のニコチンアミド・モノヌクレオチド(NMN)が、健康なヒトに安全に投与可能であることを明らかにした。

世界初だという。

 

動物を用いた研究では、NMNの投与によって、ニコチンアミド・アデニン・ジヌクレオチドNAD)という物質量が増加し、加齢に伴い生じる疾病が抑えられることが明らかとなっている。

しかし、ヒトにおいては、NMNの投与がどのような影響を与えるか、詳しく分かってはいなかった。

 

f:id:newspaper-ama:20200206183403j:plain

NMNを配合したサプリメント「NMNピュア3000」、原典:露天

 

研究グループは、40~60歳の健康な男性 10人を対し、100㎎、250㎎、500㎎と異なる量のNMNを経口で各1回投与した。

その結果、全ての用量でNMNの摂取後に、血圧・脈拍に変化はなく、肝臓や腎臓などの機能をみる血液・尿検査でも基準値を超える変化はなかった。視力などの目の機能、睡眠の状態も影響はなかった。

更に、投与量が増えるほど、NMNから作られる代謝産物が、血中量で増加していることも確認できた。

情報元:Effect of oral administration of nicotinamide mononucleotide on clinical parameters and nicotinamide metabolite levels in healthy Japanese men | Endocrine Journal 

 

NMNは健康なヒトなら、500㎎の単回投与までは安全に使用可能と分かった。

これはかなり多い量といえる。

NMNを配合したサプリメントはすでに販売されており、1日のNMN摂取量の目安は50~100mg。錠剤では1~4錠。

 

今回の成果が将来的に、加齢に伴い生じる疾病の予防や治療に役立つことを願う。

 

 

 

【広告】