素人が新聞記事書いてみた

新聞記事のつもりでブログを書いています。

【広告】

政府、1人当たり10万円給付へ、住民基本台帳の記録者全てに

政府は20日、全国民向けに一律10万円給付することを含む「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」を閣議決定した。

27日に国会に提出。5月1日での成立を目指す。政府は5月中には給付を開始したいとしている。

 

給付金の名称は「特別定額給付金(仮称)」。

給付額は1人につき10万円で、本人または世帯主の銀行口座に振り込まれる。

給付対象者は、令和2年4月27日時点で住民基本台帳に記録されている全ての人で、外国人も含む。

住民基本台帳とは、氏名、生年月日、性別、住所などが記載された住民票を編成したものである。日本人は全員、外国人は3か月を超える滞在者が登録されている。

 

給付金の申請は「郵送申請方式」か「オンライン申請方式」を原則とする。口座がない方には窓口での申請や受給も認める方針。

郵送申請の場合は、市区町村から郵送される申請書に振込先口座を記入し、振込先口座の確認書類と本人確認書類の写しとともに市区町村に郵送する。

オンライン申請方式は、マイナンバーの専用サイト「マイナポータル」を活用する。振込先口座を入力した上で、振込先口座の確認書類をアップロードし、電子申請する。電子署名により本人確認を実施するため、本人を確認する書類は不要。

 

申請の受付と給付開始日は、各市区町村が決める。緊急経済対策の趣旨を踏まえ、可能な限り迅速な支給開始を目指す。

申請期限は、郵送申請方式の申請受付開始日から3か月以内とする。

 

情報元:総務省|特別定額給付金

 

10万円の給付は助かるという方もいるだろう。

ただ、外国の事例を見ると問題点もある。スピードを重視するあまり、本人確認をせず支給しているケースもある。

「審査は後でいいから、取り敢えず金を配れ!」と主張する輩が出てこなければいいが...

 

【広告】