素人が新聞記事書いてみた

新聞記事を書いているつもりでブログを書いています。

【広告】

日本銀行、追加の金融緩和を決定、国債購入の上限撤廃

日本銀行(日銀)は27日、金融政策決定会合を開き、金融緩和の強化を決定した。

日銀は前回3月の会合でも金融緩和を決めており、2会合連続で行うのは異例。

具体的な金融緩和策は以下の3つ。
国債のさらなる積極的な買入れ
②CP・社債等買入れの増額
③「新型コロナウイルス感染症対応金融支援特別オペ」の拡充

 

f:id:newspaper-ama:20200428065119j:plain

日本銀行の本店(東京都中央区日本橋本石町)、出典:Wikipedia

 

国債のさらなる積極的な買入れ

日銀はこれまで、長期国債の買入れは「年間80兆円をメド」と定めていた。しかし、この上限を事実上撤廃し、無制限に買えるようになった。

政府は新型コロナウイルス感染症対応として、事業規模117兆円の緊急経済対策を決めた。この財源は国債の大量発行で賄うため、国債金利が上昇しやすくなる。日銀が国債を引き受けることにより、金利上昇を抑えるのが狙いだ。

 

②CP・社債等買入れの増額

これまでの7・4兆円から約20兆円へと、購入枠を大幅に増額する。

一発行体当りの買入残高の上限を、これまでの1000億円から、CP等は
5000億円、社債等は3000億円に総額する。買い入れ対象とする社債などの残存期間も、これまでの1~3年から、5年まで延長する。

企業の資金繰り支援策である。

 

③「新型コロナウイルス感染症対応金融支援特別オペ」の拡充

民間債務全般を担保にできるようにする。対象担保はこれまで約8兆円だったが、約23兆円まで拡大する。

中小企業と取引の多い地方銀行や信用金庫には使いやすい。利用残高に応じて、日銀の当座預金に0・1%のプラス金利(付利)も付ける。

中小企業向けの資金繰り支援策。

 

情報元:金融緩和の強化について | 日本銀行

 

www.youtube.com

 

今回の日銀の決定を評価したい。特に「①国債のさらなる積極的な買入れ」については。

 

米連邦準備理事会(FRB)はすでに、米国債などを無制限に購入することを決めている。日銀もこれに追随する形をとった。

今回の会合で日銀が何もしなければ、円高が起きる可能性があった。あと、これに伴う株安も。

米国がドルを市場に出すため、相対的に円の価値が上がるという訳だ。

 

今回の日銀の政策には「円高対策」という側面もあった。しかし...

なぜか、マスコミはこの事を報道しない。

 

【広告】