素人が新聞記事書いてみた

新聞記事のつもりでブログを書いています。

国際農研、移植苗のリン浸漬処理でイネの増収と冷害回避を実証

国際農研とマダガスカル国立農村開発応用研究センターは、移植苗のリン浸漬処理により、イネの増収と冷害回避を実証した。リン欠乏圃場で有効。

従来の施肥法(表層施肥)と比べると、籾収量は9~35%増加した。

生育日数が短縮したため、生育後半の低温ストレス回避にもつながった。

 

マダガスカル人は日本人の2倍以上のコメを消費するが、イネの生産性は低い。農家が貧しいために肥料を十分に購入できないこと、栄養が乏しい土壌が多いことが、主な理由だ。

マダガスカルなどアフリカでは、作物の三大栄養素の一つである『リン』の土壌中存在量が不足している農地が多い。

同技術は、安定的なイネ生産に貢献できるものと期待される。

 

f:id:newspaper-ama:20200506012012j:plain

移植苗のリン浸漬処理、国際農研提供

 

今回の研究で行った「移植苗のリン浸漬処理」は、リン肥料(重過リン酸石灰)と水田土壌を混合した泥状の液体(スラリー)に、苗の根を30分程度浸してから移植する(上図)。

小規模農家にも実践しやすい局所施肥技術である。

 

研究グループは、マダガスカルの農家のほ場で、2年間にわたり同技術の効果を評価した。

移設苗にリン浸漬処理を施すだけで、無施肥に比べて59~171%、表層施肥に比べて、同量もしくは半分の施肥量で9~35%、籾収量が増加した。

リン固定能の高い熱帯の貧栄養土壌において、同技術の効果が高いことが証明された。

 

更に、リン浸漬処理は、無施肥に比べて約3週間、表層施肥に比べて約10日間、イネの生育期間を短縮できることも分かった。

その結果、同技術は、標高の高い地域における生育後半の低温ストレスを回避し、イネの登熟不良の改善にも有効であることが示された。

 

情報元:Dipping rice seedlings in P-enriched slurry increases grain yield and shortens days to heading on P-deficient lowlands in the central highlands of Madagascar - ScienceDirect

 

同成果は、マダガスカルの現地メディアで広く取り上げられ、農家や行政機関の関心が高まっている。

今後は、マダガスカルの数100の小規模農家を対象とした実証試験を予定。ここで得られたデータを基に、更に同技術を完成させる。

 

素晴らしい成果である。これこそ、本物の国際貢献である。

しかし...筆者の勘違いかもしれないが...

日本のマスコミはほとんど報道していない。