素人が新聞記事書いてみた

新聞記事のつもりでブログを書いています。

【広告】

持続化給付金、返済不要、個人事業者は100万円上限

持続化給付金の申請が5月1日、「持続化給付金の申請用ホームページ」で開始された。

ネット申請により手続きを簡素化したことにより、最速で5月8日から支給が始まる。

 

持続化給付金とは、新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受けた事業者に対し、事業継続を支えるため、政府(経済産業省)が支給する給付金である。

返済不要で、事業全般に広く使える。

個人事業者等は100万円、中小法人等は200万円を上限に、登録後2週間程度で銀行口座に振り込まれる。

申請期間は、令和2年5月1日から令和3年1月15日まで。

 

f:id:newspaper-ama:20200507051823p:plain

原典:持続化給付金の申請用ホームページ

 

個人事業者等とは、 フリーランスを含む個人事業者のことである。給付条件は以下の2点。

①令和元年以前から事業により事業収入(売上)を得ており、今後も事業継続する意思があること。

②令和2年1月以降、新型コロナウイルス感染症拡大の影響等により、前年同月比で事業収入が50%以上減少した月(対象月)があること。

 

給付額の算定方法

前年の総売上(事業収入)-(前年同月比▲50%月の売上×12ヶ月)

※上限は100万円

 

申請する際には以下の4点が必要、①確定申告書類、②令和2年分の対象とする月(対象月)の売上台帳等、③通帳の写し、④本人確認書の写し。

これ等を電子化したり、撮影して画像にしたりして添付する。

 

www.jizokuka-kyufu.jp

 

中小法人等とは、資本金10億円以上の大企業を除く、中小法人等のことである。医療法人や農業法人NPO法人など会社以外の法人も含む。

給付条件は個人事業者等と同じだが、上限は200万円と倍である。

申請する際には、①確定申告書類、②令和2年分の対象とする月(対象月)の売上台帳等、③通帳の写し、が必要。これ等を電子化したり、撮影して画像にしたりして添付する。

 

経済産業省は6月末までは毎日、午前8時半から午後7時までの時間、電話相談を受け付けている。

フリーダイヤル:0120-115-570 

申請は下のホームページから。

 

www.jizokuka-kyufu.jp

 

持続化給付金の給付対象となる個人・法人は多い。

筆者の知り合いの個人事業者にも、すでに申請済の人が何人かいる。

 

今回の新型コロナウイルス感染症に関しては、いろいろな出来事があった。

普段は隠している"人の本性"を見たのが、筆者には印象的だった。

 

【広告】