素人が新聞記事書いてみた

新聞記事を書いているつもりでブログを書いています。

【広告】

トヨタ自動車、今期は連結営業利益5000億円と予想

トヨタ自動車は12日、令和2年3月期決算説明会を行い、令和2年3月期(平成31年4月~令和2年3月)の連結決算を発表した。

令和3年3月期(令和2年4月~令和3年3月)の連結業績予想も、同時に発表した。

 

令和2年3月期の連結決算(カッコ内は前期比)
・売上高  :29兆9299億円(2956億円減)
・営業利益 :  2兆4428億円(  246億円減)
・当時純利益:  2兆  761億円(1933億円増)

令和元年秋ごろまで業績は良好だった。しかし、令和2年になり、新型コロナウイルス感染症の影響で急激に悪化した。

 

令和3年3月期の連結予想(カッコ内は前期比)
・売上高  :24兆円(5兆9299億円減)
・営業利益 :5000億円(1兆9428億円減)
・当時純利益:未定

新型コロナウイルス感染症の影響が本格化し、世界販売は890万台(155万台減)の見込み。営業利益は5000億円と予想した。最終的なもうけを示す当期純利益は未定とした。

 

情報元:2020年3月期 決算説明会 | トヨタ自動車株式会社

 

f:id:newspaper-ama:20200513084008j:plain

トヨタ自動車豊田章男社長、原典:YouTube

 

トヨタ自動車豊田章男社長は12日午後、ライブ中継で記者会見を行った。

豊田氏は令和3年3月期の見通しについて、以下のように述べた。

今回のコロナ危機では、リーマン・ショック以上の販売台数195万台、前年比約20%の減少が見込まれるものの、営業利益は5,000億円の黒字確保を見込んでおります。

引用:トヨタ自動車株式会社

 

豊田氏の記者会見は1時間ほどだったが、最も重要なのはこの部分だと筆者は直感した。

トヨタ自動車リーマン・ショック直後の平成21年3月期(平成20年4月~平成21年3月)の連結決算で赤字に転落した。営業損益は4610億円の損失(前年度から2兆7313億円の悪化)、当期純利益は4370億円の損失となった。

トヨタ自動車リーマンショック直後、販売台数が135万台減少した。しかし、今回をそれを遥かに超える195万台の減少を予測している。それでも、営業利益を5,000億円も確保できると予想している。

なぜ?

 

今回の新型コロナウイルス感染症による影響は、トヨタ自動車より、下請け企業が大きく受けることになりそうである。

トヨタ自動車は今まで、下請けとは共存共栄の関係にあった。しかし、それ良好だった関係は崩れつつある。

 

www.youtube.com

 

企業にとっての正義は利益を上げることである。

しかし、自らの利益ばかりを追求し過ぎると、手痛いしっぺ返しを食らう。信用が大切だからだ。

 

トヨタ自動車は日本を代表する企業である。

同社の舵取りにより、多くの労働者が影響を受けることになるかもしれない。

 

【広告】