素人が新聞記事書いてみた

新聞記事のつもりでブログを書いています。

緊急事態宣言、39県で解除、8都道府県は21日めど再判断

政府は14日、新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく「緊急事態宣言」の対象地域から、39県を解除することを決めた。

残りの8都道府県(北海道、埼玉、千葉、東京、神奈川、京都、大阪、兵庫)は継続としたが、21日をめどに解除の可否を改めて判断する。

緊急事態宣言の対象地域変更は14日夜、官報に公示され、効力が発生した。

 

f:id:newspaper-ama:20200515062441p:plain

色付きの8都道府県は緊急事態宣言継続(令和2年5月15日時点)、作成:素人が新聞記事書いてみた

 

政府は4月7日、新型コロナウイルス感染症の拡大を抑えるため「新型インフルエンザ等対策特別措置法」に基づく緊急事態宣言を出した。期間は5月6日まで、対象地域は東京都などの7都府県だった。

4月16日、対象地域は全都道府県に拡大。

5月4日、期間を5月31日まで延長した。

 

f:id:newspaper-ama:20200515073125p:plain

記者会見をする安倍総理(令和2年5月14日)、原典:首相官邸

 

安倍晋三総理は14日官邸で記者会見を開き、39県における緊急事態宣言の解除を発表した。

2週間前と1週間前を比べ、新規の感染が減少傾向にあること。直近1週間の合計で10万人当たり0・5人以下に抑えられていること。更に、感染経路が分からない感染者の発生状況などから、総合的に判断したという。

 

全国の新規感染者は、一時は700人近くまで増加したが、最近は100人を下回っている。

安倍総理は「全ては、徹底的な外出自粛などの要請に御協力してくださった国民の皆様一人一人の行動の結果であります」と述べ、国民を称賛した。

 

一方、北海道での“第2波”や韓国での集団感染を例に挙げ、全てを戻した途端に再び感染拡大する危険もあるとし、まだ警戒が必要との認識を示した。

安倍総理は、緊急事態宣言が解除された39県の国民に向け「3つのお願い」を提示した。

 

1.少しずつ、段階的に

解除された地域の皆さんに、外出自粛は要請しない。それでも、最初は人との接触を減らす努力は続けてほしい。県をまたいだ移動は、少なくとも今月中は可能な限り控えてもらいたい。

段階的に日常を取り戻して。

 

2.前向きな変化は続けてほしい

仕事に関しては、テレワークが普及した。改善すべきは改善する、前向きな変化は継続してほしい。

時差通勤などの取り組みは有効なので、これからも続けてほしい。

 

3.ウイルスへの警戒を怠らないで

こまめな手洗いをすること。人と人との距離を取り、密集を避ける。外出する時は必ずマスクを着用し、他の人との密着、屋外での密閉は避けること。

専門家会議の“新しい生活様式”も参考に。

特に”3つの密”が濃厚な形で重なる、夜の繁華街の接待を伴う飲食店、バーやナイトクラブ、カラオケ、ライブハウスの出入りは今後も控えてほしい。いずれも、集団感染が確認された場所。

身を守るための行動を重ねてお願いしたい。

 

安倍総理は今回の感染症拡大について、「国民の皆様の御協力があれば、必ず乗り越えることができる。私はそう確信しております」と述べた。

 

情報元:令和2年5月14日 新型コロナウイルス感染症に関する安倍内閣総理大臣記者会見 | 令和2年 | 総理の演説・記者会見など | ニュース | 首相官邸ホームページ

 

日本は、外国のような強制力のある「緊急事態宣言」を出すことはできない。それでも、新型コロナウイルス感染症を封じ込めつつある。

安倍総理も言っていたが、これは「一人一人の行動の結果」である。民度が高いからできた事だ。

日本人はこの事を誇っていい...と筆者は思う。