素人が新聞記事書いてみた

新聞記事を書いているつもりでブログを書いています。

【広告】

検察庁法が改正されても一般の国民には関係ないから

令和2年5月9~10日にかけ、Twitterツイッター)で『#検察庁法改正案に抗議します』と書かれたツイートがトレンド入りした。

トレンドとは、ツイッター上で話題となっているキーワードや #(ハッシュタグ)をランキング形式で表示する機能である。

 

f:id:newspaper-ama:20200512090507p:plain

f:id:newspaper-ama:20200513061005j:plain

『#検察庁法改正案に抗議します』と書かれたツイート、すでに削除されている

 

ツイッターは10日、『#検察庁法改正案に抗議します』と書かれたツイートをスパム認定し、大量に削除した。

マスコミの多くは、この事実を報道していない。

 

令和2年5月10日16時現在、『#検察庁法改正案に抗議します』は「日本のトレンド」2位で、380万件を超えるツイートがあった。

しかし、1時間後の17時には、トレンドから消えていた。代わりに、『#検察庁法改正案に抗議します』がトレンド入りしていたが、これも数時間後にはトレンドから姿を消した。

 

f:id:newspaper-ama:20200512085313p:plain

原典:日本のトレンド【2020年5月10日16時】 | Twittrend(ついっトレンド) - 今、話題になっている各地域のTwitterトレンド

f:id:newspaper-ama:20200512085316p:plain

原典:日本のトレンド【2020年5月10日17時】 | Twittrend(ついっトレンド) - 今、話題になっている各地域のTwitterトレンド

 

朝日新聞によると、歌手のきゃりーぱみゅぱみゅさん、音楽グループ「いきものがかり」の水野良樹さん、俳優の浅野忠信さん、秋元才加さん、芸人の大久保佳代子さん、漫画家の羽海野チカさんらも、ツイートをしたという。

情報元:検察庁法改正に抗議、ツイッターで150万超 著名人も:朝日新聞デジタル

 

f:id:newspaper-ama:20200511083633p:plain

 「国家公務員法等の一部を改正する法律案」の目次、原典:内閣官房

 

まず、「検察庁法改正案」という法案はない。

法案名は「国家公務員法等の一部を改正する法律案」という。

国家公務員法等の一部を改正する法律案」は、国家公務員の定年を延長するためのものである。そのためには、30以上の法律を変える必要があり、検察庁法もその1つ。このため、これらをまとめた「束ね法案」で提出された。

 

検察庁法改正のポイントは以下の3つだ。

  1. 定年延長=検察官の定年を63歳→65歳に引き上げる(検事総長はもともと65歳)
  2. 役職定年=次長検事検事長、検事正は63歳を過ぎたら「ヒラ」に戻る
  3. 例規定=検事総長次長検事検事長は内閣が、検事正は法相が、「公務の著しい支障が生じる」として必要と判断すれば、最大3年間任期を延長できる

 今回、特定野党や左派マスコミが問題視しているのは「特例規定」である。

 

国家公務員法等の一部を改正する法律案」は、昨年の国会にも提出されている。この時には「特例規定」はなかった。

しかし、内閣法制局から憲法違反になる可能性がある指摘され、「特例規定」が追加された。

 

検事総長次長検事検事長認証官(にんしょうかん)である。

認証官とは、内閣が助言・承認し、天皇が認証する国家公務員である。このため、定年を延長する場合には、内閣の承認が必要なのだ。

ジャーナリストの須田慎一郎氏が、詳しく説明している動画があるので、下に埋め込んでおく。

 

www.youtube.com

 

検察庁法が改正されても、一般の国民には全く関係がないことである。

それなのに、芸能人がこれだけ反対ツイートをしたのは不思議である。

日本の闇を感じた。

 

www.youtube.com

【広告】