素人が新聞記事書いてみた

新聞記事のつもりでブログを書いています。

【広告】

安倍総理が異常に叩かれる理由は、改憲をしようとしているから

「『桜を見る会』を追及する法律家の会」の弁護士ら662人は21日、安倍総理と後援会幹部の計3人を、東京地検刑事告発した。

告発状によると、前日の夕食会で、会費ではまかなえなかった分を総理側が負担した「公選法違反」と、これらを政治資金収支報告書に記載しなかった「規正法違反」の疑いがあるという。

弁護士らは、「政治的・道義的な責任にとどまらず、法的責任が問われる重大事件」だとしている。

 

www.youtube.com

 

桜を見る会」に関しては、新しい証拠が出てきた訳ではない。しかし、なぜ「緊急事態宣言」が出されている東京で、今、刑事告発をしたのか?

理由は、東京高検の黒川弘務検事長が麻雀賭博で辞職したからである。世論を味方につけるには、絶好のタイミングである。

 

安倍総理刑事告発された事を知って、「アベが逮捕される ww」と喜んでいるパヨクもいるが、その可能性は100%ない。

まず、証拠がない。

もし証拠があったとしても、逮捕できない仕組みになっている。

 

安倍総理刑事告発した弁護士らがやっている事は、倒閣運動である。しかし、いろいろ調べてみると、それだけではないように思える。

彼らの安倍総理に対する憎悪は異常である。

安倍総理に対しては、彼らが好きな人権などお構いなし。無理やり批判材料を見つけ、それを理由に攻撃する。モンスタークレーどころの話ではない。

 

なぜ、安倍総理はそこまで恨まれるのか?

憲法を改正しようとしているからである。

そして、安倍総理刑事告発した弁護士らにとって、憲法は宗教の教典に近い存在となっているような気がする。キリスト教でいう聖書である。

 

www.youtube.com

 

竹田恒泰(たけだ つねやす)氏によると、憲法学会では「日本は共和国」というのが通説だという。

大日本帝国憲法天皇日本国憲法天皇は別。たまたま、文字が同じだけ。

伝統的な天皇ポツダム宣言により消滅。今の天皇は戦後につくられた制度。

 

もちろん、そんなバカなことはない。

 

護憲派の人たちにとって、戦前の天皇と戦後の日本は別。つまり、戦前の日本と戦後の日本は別の国なのである。

彼らは戦勝国『戦後の日本』の国民なのだ。

 

安倍総理護憲派の教典、憲法を改正しようとしている。護憲派の人たちの国『戦後の日本』を壊そうとしている。

異様なほど叩かれる理由がこれである。

憲法改正は、保守の人たちが想像するより遥かに難しいのだ。恐らく、安倍内閣では.....。

 

【広告】