素人が新聞記事書いてみた

新聞記事のつもりでブログを書いています。

【広告】

緊急事態宣言、全面解除、安倍総理「日本モデルの力を示した」

政府は25日夜、新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく「緊急事態宣言」を全面解除した。

継続中だった北海道、東京、埼玉、千葉、神奈川の計5都道府県を対象地域からはずした。

 

政府は4月7日、新型コロナウイルス感染症の拡大を抑えるため同措置法に基づく「緊急事態宣言」を東京など7都府県に出した。当初、期間は5月6日までだった。

しかし、感染が拡大したため、4月16日には対象地域を全国に拡大。5月4日には期間を5月31日まで延長した。

ゴールデンウイークを過ぎてた頃から、新規感染者は減少。14日には39県を対象地域から解除していた。21日には大阪、京都、兵庫を解除し、残り5都道府県となっていた。

 

f:id:newspaper-ama:20200526064940p:plain

「緊急事態宣言」全面解除を前に記者会見する安倍総理、原典:首相官邸ホームページ

 

安倍晋三総理は25日夕、「緊急事態宣言」の解除を前に記者会見した。

直近では、全国の新規感染者は50人を下回っており、一時は1万人近くいた入院患者も2000人を切った。このため、世界的にも極めて厳しい解除基準を、全国的にクリアしたと判断した。

 

日本は緊急事態を宣言しても、罰則を伴う強制的な外出規制などを実施することはできない。

安倍総理は、「日本ならではのやり方で、わずか1か月半で、今回の流行をほぼ収束させることができました。正に、日本モデルの力を示したと思います」と述べた。

その上で、「感染リスクと背中合わせの過酷な環境の下で、強い使命感を持って全力を尽くしてくださった医師、看護師、看護助手の皆さん、臨床工学技士の皆さん、そして保健所や臨床検査技師の皆さん、全ての医療従事者の皆様に、心からの敬意を表します」とも述べた。

 

社会活動は、段階的に再開するとした。

プロ野球などは6月より無観客から再開し、段階的に観客を増やしていく。

コンサートや各種のイベントについても、100人程度のものから始め、感染状況を見ながら、1,000人規模、5,000人規模と順次拡大していく。

 

27日に閣議決定する「令和2年度第2次補正予算案」については、第1次補正予算と合わせ、事業規模は200兆円超になると説明した。

 

情報元:令和2年5月25日 新型コロナウイルス感染症に関する安倍内閣総理大臣記者会見 | 令和2年 | 総理の演説・記者会見など | ニュース | 首相官邸ホームページ

 

新型コロナウイルス感染症に一区切りがついた。

テレビのコメンテーターは政府や医療機関を批判しているが、筆者はそうは思わない。

感染症による死者は、他の先進国と比べ、日本は極端に少ない。しかも、強制的な措置はとれない状況でだ。

様々な要因があるので一概には言えないが、日本人の民度の高さもその一因であることは間違いない。

「日本モデルの力を示した」

 

【広告】