素人が新聞記事書いてみた

新聞記事のつもりでブログを書いています。

【広告】

【皇紀】2680年6月4日

今日は六四天安門事件(ろくしてんあんもんじけん)が起きた日だ。

天安門事件は何回か起きているが、単に「天安門事件」という場合にはこの事件を指す。

 

平成元年(1989年)6月4日、支那の北京にある天安門広場やその周辺には、民主化を要求し数10万人(数100万との説あり)が集結していた。

人民解放軍がこの人達を攻撃したのが「六四天安門事件」である。多くの死傷者が出た。

死者数は不明だが、支那共産党の発表では319人。一方、英国政府の公文書では1万人超。

 

f:id:newspaper-ama:20190604103749j:plain

ソビエト連邦ミハイル・ゴルバチョフ書記長、出典:Wikipedia

 

昭和60年(1985年)3月、ミハイル・ゴルバチョフソビエト連邦共産党書記長に就任する。

ゴルバチョフは国家運営を立て直すため、改革「ペレストロイカ」を実行する。これにより共産主義の元祖であったソ連は、民主化されていった。

この出来事は他の共産国にも影響を与え、多く国が民主化された。隣国である支那もその影響を受け、民主化の気運が高まった。

 

f:id:newspaper-ama:20190604070242j:plain

胡耀邦、出典:Wikipedia

 

昭和61年(1986年)5月、胡耀邦(こ ようほう)が支那共産党中央委員会総書記に就任する。言論の自由化と民主化などを主張し、民衆から絶大な支持を得る。

これに対し、鄧小平(とう しょうへい)ら共産党員の大半が反発。昭和62年(1987年)1月、胡耀邦は失脚し、事実上の軟禁生活となってしまう。

そして...

 

平成元年(1989年)4月15日、胡耀邦心筋梗塞で死去する。これ機に、支那各地で民主化要求デモが発生する。

翌5月には、全土から天安門広場に、学生や労働者など50万人近くの人が集結した。

同月15~17日にかけ、ソビエト連邦ゴルバチョフ書記長が北京を訪問していた。これを取材するため、世界中から多くの報道陣が北京入りしていた。

 

f:id:newspaper-ama:20190604105702j:plain

鄧小平、出典:Wikipedia

 

平成元年(1989年) 5月19日、最高実力者の鄧小平(とう しょうへい)は戒厳令布告を決定する。報道陣に対しても、厳しい報道管制も敷かれた。

民衆はこれに反発。

23日には北京市内で100万人規模のデモが行われた。そして、事態は益々拡大していった。

6月に入ると、地方から人民解放軍の部隊が北京に集結し始め、不穏な雰囲気が漂い始める。

 

f:id:newspaper-ama:20190604110819j:plain

体を張って戦車の進行を阻止しようとした「無名の反逆者」王維林さん 、出典:中国 - (大紀元)

 

平成元年(1989年)6月4日未明(3日深夜という説あり)、人民解放軍が民衆への攻撃を開始する。

無差別発砲により多くの死傷者がでた。戦車にひき殺され、ミンチとなった遺体もあった。

戦車の前に飛び出し、その走行を阻止しようとする若い男性の姿もあった(無名の反逆者)。

これらの様子は、米国のCNNや英国のBBCなどにより、世界中に中継された。

 

www.youtube.com

 

支那六四天安門事件を検閲対象としている。支那共産党にとって、都合の悪い真実なのだ。

だから、多くの人に知ってもらいたい。

 

マスコミの役目は、このような事実を報道することである。しかし、日本のマスコミのなかには、支那共産党の手先のような事をしている連中もいる。

筆者が当ブログを始めたのは、この現状を変えたかったからである。 

 

【広告】